くらし情報『ジュリエット・ビノシュ、憑依型女優の4変化『私の知らないわたしの素顔』』

2019年12月28日 14:00

ジュリエット・ビノシュ、憑依型女優の4変化『私の知らないわたしの素顔』

Photo by cinemacafe.net

ジュリエット・ビノシュ主演で、知性あふれる女性がSNSの罠にはまっていく顛末を描いた『私の知らないわたしの素顔』。この度、ビノシュが憑依型の熱演を見せる場面写真が解禁となった。

この度解禁となったのは、50代のリアルな“私”と24歳のSONS上の“アバター”の間で自身を失っていくクレールを熱演するビノシュの場面写真。その装いに加え、まとう雰囲気も全く異なる姿を見せている。

まず、大学で文学を教えているクレールの講義スタイルは、上質な紺のVネックセーターにこげ茶のタイトスカート。透け感のあるタイツを合わせ、大人の落ち着きと知性を感じさせるスタイル。社会的にも成功した女性のイメージを演出している。

そして、息子のバスケットボール観戦に訪れたクレールは、前髪をピンで留めリラックスしたヘアスタイルでありながら、イエローのセーターに同じ発色の強さを持つブルーのスカーフをまとい、エネルギーあふれる母親像を作り出している。

さらに、元夫に2人の子どもの世話について相談をするため、待ち合わせに訪れたクレール。エンジのジップアップセーターの上にテーラードコートを重ね、セーターと同色のマフラーを巻く、防寒第一のスタイル。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.