くらし情報『ミラ・ジョヴォヴィッチ、44歳で第3子出産「奇跡の子」』

2020年2月4日 12:25

ミラ・ジョヴォヴィッチ、44歳で第3子出産「奇跡の子」

Photo by cinemacafe.net

ミラ・ジョヴォヴィッチ&ポール・W・S・アンダーソン夫妻に第3子女児が誕生した。

12歳の長女エヴァーちゃんが、病院のベッドの上で赤ちゃんを抱くミラ、その周りをポール、エヴァーちゃん、次女のダシールちゃんが囲んでいる家族写真をインスタグラムに投稿。

「赤ちゃんが誕生した。妹のOsian、この世界にようこそ。(海のオーシャンと同じような発音!)みんなあなたのことが大好き」とつづった。

昨年8月、ミラは自身のインスタグラムで妊娠を公表。高齢出産(現在44歳)であること、オーシャンちゃんの妊娠前に流産の経験があることから、「うれしくもあり、恐怖でもある」と複雑な心境を語っていた。

そんなミラも、エヴァーちゃんに続いて自身もオーシャンちゃんの写真を添え、無事出産したことを発表。「2020年2月2日午前8時56分にオーシャン・ラーク・エリオット・ジョヴォヴィッチ=アンダーソンが誕生しました」。

ミラによると、Osianとはウェールズの男の子の名前で、「O-shin(オーシン)と発音する」とのことで、エヴァーちゃんの“解説”と少し違うようだ。

「手の力がすごく強い」、「奇跡の子」、「家族みんなで夢中」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.