くらし情報『『ギルバート・グレイプ』を彷彿とさせる演技で話題『旅立つ息子へ』公開決定』

2021年1月23日 14:00

『ギルバート・グレイプ』を彷彿とさせる演技で話題『旅立つ息子へ』公開決定

Photo by cinemacafe.net

2020年、第73回カンヌ国際映画祭やバンクーバーをはじめとする各国の映画祭に正式出品された巨匠ニル・ベルグマン監督の最新作『Here We Are』(英題)が『旅立つ息子へ』の邦題として3月26日(金)より公開されることが決まった。

世界でいちばん愛する息子のためにキャリアを捨て、妻とは別居し、子育てに人生を捧げてきた元グラフィックデザイナーの父。金はなくても愛がある!と田舎に引っ込み、2人だけの世界を楽しんできた。ところがある日、彼らに突然の試練が訪れて…。

自閉症スペクトラムを抱える息子を全力で守る父と、父の愛を受けとめて心優しい青年に成長した二十歳の息子。このふたりの結末に、「国境を超えてどの国の親でも共感できる作品」「本当に“染みる”という体験」と深い余韻を残し、早くも絶賛の声があがっている。

メガホンを撮ったのは、イスラエルを代表する巨匠ニル・ベルグマン。母国イスラエルを舞台に、繊細に揺れ動く家族の姿を描き続けてきた。『ブロークン・ウィング』で長編デビューし、第15回東京国際映画祭でグランプリを受賞。『僕の心の奥の文法』でも同映画祭でグランプリを受賞し、東京国際映画祭史上初にして唯一の二度のグランプリ受賞の快挙を果たした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.