くらし情報『2PMオク・テギョン、日本映画初出演「勇気を受け取っていただけたら」『グランメゾン・パリ』』

2PMオク・テギョン、日本映画初出演「勇気を受け取っていただけたら」『グランメゾン・パリ』

Photo by cinemacafe.net


映画『グランメゾン・パリ』に日本映画初出演のオク・テギョン(2PM)が参加することが分かった。

木村拓哉演じるフランス料理のシェフ・尾花が、日本で三つ星レストランを作り上げようと奮闘する日曜劇場「グランメゾン東京」。本作では、フランス・パリを舞台に三つ星に挑む。木村さんはもちろん、鈴木京香、沢村一樹、及川光博、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、寛 一 郎、吉谷彩子、中村アン、冨永愛といった連続ドラマから出演しているキャスト陣が再集結する。

「シンデレラのお姉さん」で本格的に俳優活動を開始、『結婚前夜~マリッジブルー~』「御史とジョイ」「ヴィンチェンツォ」などに出演、ソロアーティストとして日本で単独ファンミーティングも開催するオク・テギョン。

今回演じるのは、「グランメゾン・パリ」でデザートを担当するパティシエのリック・ユアン。韓国系カナダ人ということで、韓国語に加えて、日本語とフランス語の3言語を話す役どころだ。料理に対する情熱さゆえ、時に尾花と衝突することも。
異国の地で認めてもらうことの難しさを知っているからこそ、尾花と共に「グランメゾン・パリ」で三つ星を目指すことにも強い思いがある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.