くらし情報『ランサムウェア対策などを強化 - 「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」発表会』

2014年10月7日 19:57

ランサムウェア対策などを強化 - 「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」発表会

ランサムウェア対策などを強化 - 「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」発表会
●カスペルスキー 2015の新機能・機能強化
カスペルスキーは、新バージョンとなる「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」を発表した。本稿では、都内で開かれた記者発表会における製品説明の内容をレポートする。

○IT上の脅威から世界を守る

最初に登壇したのは、代表取締役社長の川合林太郎氏である。

「Save the World」の実現のために、カスペルスキーが取り組む項目などを紹介した。単に製品の品質だけでなく、取締機関との協力により、サイバー犯罪を撲滅する活動なども紹介した。

かねてより、カスペルスキー製品は、高度な検知力などで定評が高かった。最近、国内では、オンラインの不正送金が猛威をふるっている。それに対し、カスペルスキーは、Effitasのオンライン取引の安全認定などでも好成績であったことが報告された。また、今後のコンシューマ製品のロードマップとして、図4を披露した。

年内に、iOS向けのセキュリティブラウザ、来年にはパスワード管理ツールが予定されている。アカウントリスト攻撃などのように、ID・パスワードの使い回しによる被害も急増している。その意味では、順当ともいえる製品のリリースとなるだろう。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.