くらし情報『志尊淳「声にコンプレックスを感じていた」 喉のポリープに苦労も切除せず克服へ』

2020年8月20日 10:30

志尊淳「声にコンプレックスを感じていた」 喉のポリープに苦労も切除せず克服へ

志尊淳「声にコンプレックスを感じていた」 喉のポリープに苦労も切除せず克服へ

●「喉を鍛えてポリープがあってもいい声が出るようになれば関係ない」
柔和な雰囲気や甘いマスクから、一見、庇護欲をかきたてられるが、実は心身共にたくましいバリバリの体育会系で、アグレッシブな努力家でもある志尊淳。ディズニー&ピクサーの感動ファンタジー・アドベンチャー『2分の1の魔法』(8月21日公開)で、洋画アニメーションの吹替声優に初挑戦した志尊を直撃すると「ずっと声にコンプレックスを感じていました」と打ち明け、実は喉にポリープがあることも告白してくれた。

本作の舞台は、かつて魔法に満ちあふれていたが、科学技術の進歩などにより今や魔法が消えかけてしまった世界。志尊は、自分に自信がない内気な少年・イアン役を演じた。イアンは16歳の誕生日に、亡き父が母に託した魔法の杖と手紙を受け取り、「父を24時間だけ蘇らせる魔法」に挑戦するが、上手く行かず、父の足だけが蘇ってしまう。イアンは、父を完全復活させるべく、陽気な兄のバーリーと旅に出る。バーリー役の声優は、公私共に親交が深い城田優が務めた。

――まずは、最初に日本語版声優に決まった時の感想から聞かせてください。

まさか僕が、世界のディズニー&ピクサーと仕事ができる日が来るなんて思ってもみなかったです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.