くらし情報『亀梨和也、5年ぶり舞台に1週間前からドキドキ! 共演者とは独自のあだ名』

2020年11月7日 04:00

亀梨和也、5年ぶり舞台に1週間前からドキドキ! 共演者とは独自のあだ名

亀梨和也、5年ぶり舞台に1週間前からドキドキ! 共演者とは独自のあだ名

舞台『迷子の時間-語る室2020-』公開ゲネプロ&取材会が6日に東京・PARCO劇場で行われ、亀梨和也、貫地谷しほり、浅利陽介、松岡広大、古屋隆太、生越千晴、忍成修吾、前川知大(演出)が登場した。

同作は、作・演出家の前川知大が、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演した『語る室』をベースに新たに紡いだ2020年版となっている。ある田舎町に起こった事件と、事件をめぐる7人の物語となる。

亀梨は「こういった状況の中でステージに立たせていただくことを感謝しつつ、着てくださる方達にもいい時間を過ごしていただけるように尽くしたいなと思っています」と意気込む。警官の姿について「靴下の中にズボンを入れるスタイルは初めて」と足を見せつつ、「これちょっと裏話なので、あんまり写さないでください!」と苦笑していた。

建て替えも行われた同劇場について、浅利は「見ての通り、間口が広くなりました」と関係者のように紹介し、亀梨から「パルコさん!? パルコさんですか!? 回し者みたいな」とつっこまれる。"帰るところのできない未来人"役の松岡は「前川さんとは絶対にごしっしょしたかった演出家さんなのですごくうれしいですし何よりこの先輩方に囲まれて芝居ができるのが最上の喜びだと思っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.