くらし情報『象印、豆の挽きからドリップまでこだわった全自動コーヒーメーカー』

2015年9月3日 18:44

象印、豆の挽きからドリップまでこだわった全自動コーヒーメーカー

象印、豆の挽きからドリップまでこだわった全自動コーヒーメーカー
象印マホービンは9月3日、豆の挽きからドリップまでを全自動で行うコーヒーメーカー「珈琲通 EC-NA40」を発表した。発売は10月11日。価格はオープンで、推定市場価格は税別33,000円前後。

EC-NA40は豆の挽き、蒸らし、ドリップ、保温までを全自動で行うコーヒーメーカー。ミル一体型の本体に、水とコーヒー豆、紙フィルターをセットすれば、自動でコーヒーを淹れてくれる。挽き目を2段階で調節できる「挽き分けフィルター」を採用。さらに、コーヒーの濃さを調整できる「2段階濃度調節」機能も持つため、組み合わせによって4種類の味を楽しめる。

ドリッパーの抽出口を閉じて、挽いた豆を約20秒蒸らして湯を行き渡らせ、コーヒーエキスを抽出しやすい状態にする。湯の通り道を予熱したうえ、2回沸騰させた高温の湯で抽出する「マイコン予熱&ダブル加熱95℃抽出」機能によって、コーヒーのコクと香りを引き出す。カルキ初期除去率は98%を達成。

ドリッパーには、すばやく温まり、熱が逃げにくいステンレス製の「速温ドリッパー&断熱ドリッパーカバー」を採用。豆の粉砕からドリップ終了までの時間は、コーヒーカップ1杯分の約120mlで約4分。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.