くらし情報『地獄あんかけに台湾まぜうどん? 名古屋"創作うどん王"「三朝」は味も本格派』

2015年12月1日 10:30

地獄あんかけに台湾まぜうどん? 名古屋"創作うどん王"「三朝」は味も本格派

地獄あんかけに台湾まぜうどん? 名古屋"創作うどん王"「三朝」は味も本格派
地獄あんかけ、台湾まぜうどん、台湾味噌煮込み、どてきし、昭和カレーうどん、イタリアン煮込み……。全国の中でもとびきり個性的な名古屋メシをさらにアレンジしたメニューが百花繚乱。ユニークな創作うどんの数々を味わえるのが、名古屋市千種区の「手打めん処 三朝」だ。

○名古屋メシがポイントのアレンジ系

三朝へは地下鉄の千種駅・今池駅・吹上駅からそれぞれ徒歩10分ほど。住宅街の細い通り沿いにある隠れた名店だ。まずはその"創作うどん"の一例を紹介しよう。「超デカッ! 海老カレーうどん」はデカい海老フライが2本も乗って1,000円。安すぎである。スパイシーかつクリーミーなルゥに極太麺を合わせた"名古屋流カレーうどん"は元祖店直伝で激ウマだ。

名古屋名物のどてをたっぷりかけた「どてきし」(850円)は、赤味噌で煮込んだこってり味のどてに卵黄を落としてまろやかな味わい。麺は店主の佐枝慎一さんが最近力を入れているという幅広きしめんをチョイス。ほかにも、カレー+台湾ミンチ(激辛ミンチ)で異なる辛さが競演する「台湾カレーうどん」(800円)、カレーうどん+煮込みのハイブリッド「カレー煮込みうどん」(950円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.