くらし情報『落ちていたiPhoneを我が物にしようとするとどのような危険が想定されますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ』

2016年4月2日 15:41

落ちていたiPhoneを我が物にしようとするとどのような危険が想定されますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

落ちていたiPhoneを我が物にしようとするとどのような危険が想定されますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『落ちていたiPhoneを我が物にしようとするとどのような危険が想定されますか?』という質問に答えます。

***

危険、というより状況次第では遺失物等横領罪に問われる可能性もあります。最寄りの警察署なり建物の管理室なりへ届けることが最善の策です。

我が物にしようと持ち帰ったとしても、アクティベーションロックを解除することはかなり困難です。アクティベーションロックは「iPhoneを探す」をオンにすると有効になり、以降パスワードを入力するまで無効化できません。アクティベーションロックを解除しないかぎりiPhoneの持ち主は変更できませんし、それ以前にロック解除(パスコードによる認証/指紋認証)という壁が立ちはだかっています。

もし拾ったiPhoneがパスコードや指紋で保護されておらず、「iPhoneを探す」がオフの状態だったとしても、iPhoneには個体識別番号(UUID、Unique Device IDentifier)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.