くらし情報『乃木坂46・桜井玲香は“醜さ”をどう表す? 模索の末に挑む舞台『半神』』

2018年7月10日 11:58

乃木坂46・桜井玲香は“醜さ”をどう表す? 模索の末に挑む舞台『半神』

乃木坂46・桜井玲香は“醜さ”をどう表す? 模索の末に挑む舞台『半神』

●演出・中屋敷法仁にいじめられる?
乃木坂46のキャプテンとして、長年グループを支えてきた桜井玲香。そんな彼女が、グループを飛び出し、体当たりでチャレンジするのは舞台『半神』だ。漫画家・萩尾望都の原作をもとに、萩尾と野田秀樹が共同で舞台脚本化した本作は、結合双生児の姉妹を主人公にした異色の内容で、1986年の初演以降、何度も再演を重ねてきた。

今回は、中屋敷法仁が新たな解釈と演出を加え、桜井と藤間爽子のW主演で上演を行う。藤間演じるマリアは、誰からも愛される美しい容姿だが知能が低く話すこともできない。一方で、桜井は“醜いが高い知能を持つ姉のシュラ”という難役に。苦戦しつつも、舞台の稽古が進む中で確かな手応えを感じる、稽古中の桜井に話を聞いた。

○舞台は自分を解放しやすい場

――舞台『半神』ですが、期待やプレッシャーなどはありましたか?

正直不安でいっぱいです。でも、私自身2年ぶりの舞台が、こんなすばらしい作品というのはありがたいですね。もちろん悩むこともいっぱいありますけど、そういった悩みも全部含めて、気持ちの良い時間を過ごさせてもらっています。

――「舞台をやりたい」っていうことは、周囲の方に言い続けてきたんですか?

映像も好きなんですけど、舞台でしか味わえない独特な高揚感が癖になっているというか……(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.