くらし情報『神山智洋、セリフ多いシェイクスピアに苦労「元気ない時期あった」』

2018年9月3日 09:30

神山智洋、セリフ多いシェイクスピアに苦労「元気ない時期あった」

神山智洋、セリフ多いシェイクスピアに苦労「元気ない時期あった」

9月26日まで東京・東銀座の新橋演舞場で公演される舞台『オセロー』が2日、公演初日を迎え、公演後に主演の中村芝翫をはじめ、神山智洋(ジャニーズWEST)、檀れい、前田亜季が記者会見を行った。

同舞台は、中村芝翫の襲名後初の翻訳劇出演となるもので、シェイクスピアの人気作『オセロー』に中村が初チャレンジ。蜷川幸雄の助手を永年務めて"蜷川イズム"を受け継ぐ井上尊晶が演出を担当し、最高に美しい悲劇を描き出す。

初めてのシェイクスピアに挑んだ中村は「とにかくホッとしています。やっとここまで辿り着けたという感じですね。シェイクスピアは役者である以上、一度は手掛けたい作品ですけど、とにかく言葉が歌舞伎にも似ているところがあって、自分の肉体と心を通して言葉が出ているようにしないといけないので、1カ月間みっちりと稽古をさせてもらいました」と初日を迎えて安堵した表情を見せた。

シェイクスピアの作品ということで、キャスト陣は膨大な量のセリフに苦しんだようで、中村が「普通だとすんなり入ってくるんですが、中々覚えられませんでした」と振り返り、神山も「今回のセリフの量は今まででダントツでした。量もすごかったですし、セリフを覚えたけど感情が乗ってこないとか、肉体からセリフが出て来なかったりして、色んなことで悩んでしまってあまり元気がなかった時期はありましたね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.