くらし情報『幻想的な砂の景色と地元ならではのグルメを堪能! 鳥取砂丘攻略ガイド』

2012年8月22日 00:22

幻想的な砂の景色と地元ならではのグルメを堪能! 鳥取砂丘攻略ガイド

幻想的な砂の景色と地元ならではのグルメを堪能! 鳥取砂丘攻略ガイド
風が吹くたびに風紋や砂簾(されん)などが形を変える、まさに自然が生み出した芸術作品とも言える鳥取砂丘。

その広さは東西約16㎞、南北約2㎞と日本一の大きさを誇る。

ちなみに、ホームページや旅行雑誌などで紹介されているのは、砂丘の入り口に当たる中心部分だけであり、その広さは約550haだ。

一般的に砂浜というと白くなだらかなビーチが続くイメージがあるが、スケールの大きい鳥取砂丘は、意外と場所によって高低差がある。

例えば入り口近くにある「馬の背」と呼ばれる丘の高さは、何と最高で90mもあるのだ(入り口から馬の背まで歩いて20分ほどかかる)。

こうした地形を生かして、砂丘でパラグライダーを楽しむ人も多くいる。

また最近では、オーストラリアで考案された砂の斜面をボードで滑り降りるスノーボードとよく似た新しいスポーツ、「サンドボード」が体験できる(11月下旬まで。

有料、事前予約)。

その他、周辺には海水浴場もあるので、夏は大勢の人で賑(にぎ)わう。

砂浜には基本的に、はだしでも靴を履いたままでも入ることができる。

砂浜の駐車場には足洗い場も設けられているので、細かな砂を足裏で感じたい人にははだしがおすすだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.