くらし情報『高速トリビア (15) 一晩で高速道路に巨大な橋を架けることができるのはなぜ?』

2012年9月7日 10:16

高速トリビア (15) 一晩で高速道路に巨大な橋を架けることができるのはなぜ?

高速トリビア (15) 一晩で高速道路に巨大な橋を架けることができるのはなぜ?
高速道路では、供用中の高速道路の上に高速道路を横断するための橋を建設することがあります。

道路と橋が交差するので、工事の際は安全確保のために通行止めを行いますが、影響を最小限にするため、過去の交通量などから工事を実施する曜日や時間を想定するほか、工事の方法も工夫しています。

大型クレーンは架設工事の一般的な方法として、多くの現場で採用されています。

クレーンで橋桁を吊り下げて、一晩で橋を架設します。

クレーンのアームの長さは最大で約100m、吊り下げ能力は1000tを超えます。

1000tと言われてもピンとこないという方のために、参考までにジャンボジェットの愛称で呼ばれる大型旅客機「ボーイング747」の重量は約180tです。

ちなみにこのボーイング747、2005年にエアバスA380が登場するまで、世界最大の旅客機でした。

大型クレーンの力がいかに強いか分かります。

大型多軸台車は、橋桁の組立場所から架設地点まで車体が移動できる平坦なヤードがある場合に採用されます。

現地で橋桁をあらかじめ組み立て、大型多軸車を使って運搬し、一晩で橋を架設します。

大型多軸車の大きさは全長約10m、軸の数は一般的には6軸程度です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.