くらし情報『福岡県の地元っ子が愛する激ウマもつ鍋店の味わいどころを一挙紹介!』

2012年11月7日 11:18

福岡県の地元っ子が愛する激ウマもつ鍋店の味わいどころを一挙紹介!

福岡県の地元っ子が愛する激ウマもつ鍋店の味わいどころを一挙紹介!
福岡名物として今や全国的に人気の高いもつ鍋。

しかし、そもそもいつ頃からもつ鍋が福岡の郷土料理となったのだろう?調べてみたところ、もつ鍋発祥については諸説いわれがあるが、昭和16年(1941)に博多の酒処「月川」で誕生した説が有力らしい。

ある日、同店に農家の客が来店。

牛の内臓を持ちこんで、「これを酒の肴にしてくれないか」というので、匂いを処理するためにカツオや昆布などでとったダシにしょうゆやみそで味付け。

さらにニラやニンニク、キャベツを加えたことで、博多独自の鍋が誕生したのだとか。

ちなみに、好みに応じて唐辛子を加え、最後にチャンポン玉を投入して〆るこの鍋を、作家の故・壇一雄氏が絶賛した記録が残っているそう。

以来、地元の人々に長く愛されてきたもつ鍋。

おいしいだけでなく栄養価も高くスタミナ補給にも優れているためか、今では、専門店はいうに及ばず、福岡市内の多くの居酒屋で定番メニューとなっている。

もちろん、観光客にも高い人気を誇り、最近では京風白みそ仕立てや塩スープ、トマト味などバリエーションも増えている。

そんな中、地元っ子はどんなもつ鍋を好んで食べているのか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.