くらし情報『山梨県と長野県の八ヶ岳観光圏で「八ヶ岳天空博覧会」が12月21日からスタート』

2012年12月11日 11:16

山梨県と長野県の八ヶ岳観光圏で「八ヶ岳天空博覧会」が12月21日からスタート

山梨県と長野県の八ヶ岳観光圏で「八ヶ岳天空博覧会」が12月21日からスタート
八ヶ岳観光圏(山梨県北杜市、長野県富士見町・原村)では、2012年12月21日(金)~2013年3月3日(日)の期間で、「八ヶ岳天空博覧会」を開催する。

これは、冬の八ヶ岳ならではの様々なイベント、体験プログラムを8つのパビリオン(テーマ)に分けて行うものだ。

企画されているパビリオンのテーマは、「オーロラ」「湯」「かまくら」「星」「雪」「食」「光」「イベント」。

「光のパビリオン」は、すでに原村で「イルミネーションフェスティバル」が開催されている。

八ヶ岳美術館前の高さ約20mの大木、ドイツトウヒに大イルミネーションが灯っているほか、原村ペンションビレッジから鉢巻道路までのペンション通りで、連日17時00分~22時00分まで、イルミネーションを点灯。

終了は来年1月14日(月)。

このほか、清泉寮でも「ウィンターライトアップ」として、12月1日~1月3日(木)までは毎日、それ以降、1月31日(木)までは土日祝日にライトアップを行なう。

時間は日没時間によりかわり、だいたい17時00分頃~20時00分頃までだ。

12月21日(金)からスタートするのは、「湯のパビリオン」の八ヶ岳観光圏エリア全域の温泉施設スタンプラリーや「森づくり体験でストレス解消・体力アップ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.