くらし情報『映画『ルージュの手紙』感想。珠玉の人生讃歌!カトリーヌ・ドヌーヴとカトリーヌ・フロの豪華共演!』

2017年11月6日 14:00

映画『ルージュの手紙』感想。珠玉の人生讃歌!カトリーヌ・ドヌーヴとカトリーヌ・フロの豪華共演!

目次

・映画『ルージュの手紙』あらすじ――愛と自由の国フランス、パリを舞台に30年ぶりに再開した血の繋がらない母と娘の物語
・自分を後回しにしがちで、他人のために働くあらゆる人達たちへ
・映画『ルージュの手紙』作品紹介
・映画『ルージュの手紙』キャスト
映画『ルージュの手紙』感想。珠玉の人生讃歌!カトリーヌ・ドヌーヴとカトリーヌ・フロの豪華共演!


©YUMIMOROTO

こんにちは。諸戸佑美です。

『DRESS』シネマの時間第17回は、フランスを代表する二大女優、映画『シェルブールの雨傘』『8人の女たち』のカトリーヌ・ドヌーヴと『大統領の料理人』のカトリーヌ・フロの豪華共演!

愛と自由の国フランスから届いた、人生を豊かに彩るためのメッセージ!映画『ルージュの手紙』をお送りします。

『ヴィオレットある作家の肖像』『セラフィーヌの庭』で女性の生涯を丁寧に描き出し、優れた演出力で定評のあるマルタン・プロヴォ監督が脚本も執筆。

優秀なベテラン助産師ですがストイックで生真面目なクレール(フロ)と、自由奔放に生きる血の繋がらない母ベアトリス(ドヌーブ)が30年ぶりに出会い、お互いの生き方を見直してゆく心温まる感動作、人生を彩るためのメッセージです。

出逢いって素晴しい。

人に限らず、今どんな映画に出会って観るかも出会いのひとつだと思います。

劇作家の寺山修司さんの言葉に「サヨナラだけが人生だ」という名言がありますが、幸せな出会いを育みたいものですね。

もしも何もかも正反対な相手が突然現れて、自分を思いもしなかった素敵な未来へと導いてくれるとしたら?

お楽しみいただければ幸いです!

■映画『ルージュの手紙』あらすじ――愛と自由の国フランス、パリを舞台に30年ぶりに再開した血の繋がらない母と娘の物語

フランス・セーヌ川が流れるパリ郊外で助産婦として働きながら、女手ひとつで息子を育てあげ、地道な日々を送っていたクレール(カトリーヌ・フロ)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.