くらし情報『『コウノドリ』9話。つらいとき、大変なとき、妻の一番の味方になるのは誰?』

2017年12月19日 12:00

『コウノドリ』9話。つらいとき、大変なとき、妻の一番の味方になるのは誰?

綾野剛主演の金曜ドラマ『コウノドリ』。現在放送中の第2シーズンは、「生まれること、そして生きること」をテーマに据えてきた。

出産は奇跡だ。しかし、その後には現実が続く。

目次

・3回目の流産……自責の念に苦しむ妻
・妻の世界一の味方は……やっぱり夫
・「今ある道を進むことで、光が見える」


生まれたばかりの赤ちゃんを抱えた妻は、夫はどう生きていくのか?そして産科医たちはどうフォローしていくのか?そのことについて、若き産科医たちの試練や岐路を交えつつ、優しく愚直に描き続けてきた。

先週放送された第9話のテーマは「不育症世界一の味方は誰?」。最終回直前にして、これまで描いてきたテーマの解答を示すようなエピソードだった。

■3回目の流産……自責の念に苦しむ妻

妊婦の篠原沙月(野波麻帆)が夫の修一(高橋光臣)を伴って、サクラ(綾野剛)のもとを訪れる。過去2回にわたって流産している沙月は不安の色が隠せない。そして結果は……3回目の流産。

「3回も流産するなんて……やっぱり私のせいですか?」
「それは違います。初期の流産は、ほとんどの場合、お母さんが原因ではありません。偶然が重なって起きたんだと思います」

自分を責める沙月に、サクラが優しく説明する。助産師の小松(吉田羊)も付け加える。

「篠原さん、流産してしまった人の中には、働いていたからとか、重いものを持ち上げたからとか、自分のせいにするお母さんが多いんだけど、そうじゃないんだよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.