チョコを男子に渡すだけじゃない! みんなのバレンタインの楽しみ方

■20代「バレンタインデー限定仕様の大量に入っているチョコレートを飲み会等、たくさんの人が集まっている中で配った。その方がもらう方も上げる方も気楽だと思う。」

「義理チョコに、沢山お金をかけたくないから簡単なレシピでチョコレートを作った。お手軽に大量に生産できるし効率もいい。」

「バレンタインデーの日にあえて飲み会を設定し、そこでケーキなどをみんなで食べる。カップルでなくても皆で楽しめる。」

「カップルのイベントではあるが、男性とは過ごさず女性の仲良しの仲間と過ごす。お互いの手作り料理を持ち寄ってなぜかホームパーティ化することも。」

■30代「年齢を重ねると手作りに求められるクオリティが高くなるので手作りは相当自信がない限りあげられない。」

「どうしても見栄がでてしまい、あげるつもりのない義理チョコでも1000円くらいかけてしまう。」

「チョコレートが苦手な男性にはチョコレートではなく、老舗店のバレンタイン限定菓子等をあげている。中身は通常売っているモノと同じでも、包装がかわいくて特別感を出せる」

「職場の上司にはお酒をプレゼント。ブランデー入りのボンボンショコラを。チョコレートはサブで。」


新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.