2015年7月15日 06:15|ウーマンエキサイト

思わぬご近所トラブルに発展! 子どもに忍び寄るたばこの危険(法律で切るママトラブル Vol.2)

島田 さくら
専門家 (弁護士)
島田 さくら
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
法律で切るママトラブル

法律で切るママトラブル

普段何気なく過ごしている生活の片隅にも、トラブルの目はあるものです。そんなちょっとしたトラブルを、弁護士がわかりやすく解説してくれます。

子どもを持つ親として、子どもの前でたばこを当然のように吸う人は、個人的に許せません。最近では、3次喫煙(煙がなくなった後の洋服やカーペットや壁、床などに残留した有害物質を吸入すること)も危険性が高いことがわかったようですし、たばこの健康被害については、いままで以上に気をつける必要が出てきています。

思わぬご近所トラブルに発展! 子どもに忍び寄るたばこの危険(法律で切るママトラブル Vol.2)

© milatas - Fotolia.com


それでは、日本の法律において、たばこの危険性については、どのように定められているのでしょうか。

なぜ大人はたばこを吸っても良くて、子どもはダメなのか?

日本では、たばこを吸う自由が認められています。ただし、いつでもどこでも誰でも吸ってよいというわけではなく、法律による制限はあります。特に未成年については、「未成年者喫煙禁止法」という法律で、たばこを吸うことが禁止されています。

では、なぜ大人はたばこを吸ってよいのに、子どもは禁止されているのでしょう?

これは、子どもの健康や将来を気づかってのことです。成長段階にある子どものほうが、大人よりもたばこによる害を受けやすいですし、そもそも子どもは、たばこを吸うことで自分にどんな影響があるかということを理解できていません。
ですから、法律で禁止することによって子どもを守ろうとしているんですね。

ちなみに、未成年者喫煙禁止法3条は、子どもがたばこを吸っていることを知っていながら止めなかった親権者について、罰則を定めています。実際に、子どもの喫煙を止めなかった親権者が送検されたこともあります。
島田 さくら
島田 さくらの更新通知を受けよう!
確認中
島田 さくら
島田 さくらの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
島田 さくら
島田 さくらの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
島田 さくら
島田 さくらをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
島田 さくら
島田 さくらの更新通知が届きます!
フォロー中
島田 さくら
島田 さくらの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.