2016年5月2日 12:00|ウーマンエキサイト

“かまってちゃん”になり過ぎていない?【ダンナのトリセツ 第3回】

小高千枝
専門家
小高千枝
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
ダンナのトリセツ

ダンナのトリセツ

“妻”である皆さまが、より心地よい毎日を過ごすための“ご主人との向き合い方”について『ダンナのトリセツ』としてお伝えしていきます。

こんにちは。心理カウンセラーの小高千枝です。

夫婦って不思議ですよね。性別も違えば、育った環境も違う。そんなふたりが、どこかのタイミングで出会い、そして生活をともにするようになる…。

窓辺で微笑みあう夫婦

(c) georgerudy - Fotolia.com



それは奇跡であるとも感じます。

その奇跡を、これからも信じて大切にしていくために、ここまでは“夫を立てる賢い妻”の在り方として、男性本能への働きかけ方や、感情のコントロールの仕方などについてお伝えしました。

しかし、「これじゃ私ばかり頑張っているような気がする!」そんな声がみなさんから聞こえてきそうですね。

夫婦はどちらかが頑張り過ぎるのではなく、お互いに歩み寄り、相乗効果で高めあい、そして居心地のよさを感じることで、関係性が深まります。

ふたりの新たな文化を築き上げ、心の成長や変化によって、さらに人間性が豊かになるものです。

どちらかひとりが頑張るということではなく、お互いに“楽しむ”“歩み寄る”という概念を持ち、向き合っていただきたいと思います。

■“かまってちゃん”になり過ぎていませんか?

男性は支配欲、名誉欲が強い生き物であることをお話をしましたが、女性は承認欲求や親和欲求が強い生き物です。
承認欲求・・・他人に認められたい、尊敬されたい欲求。
親和欲求・・・自分以外の誰かと一緒にいたい。そばにいて欲しい欲求。


そのため、ご主人に対して束縛心が芽生え、一体感を得たいという感覚におちいりがち。

つい独占権を主張してしまうと、主導権を握りたがる男性の支配欲に、影響を与えてしまう傾向があります。

“かまってちゃん”になり過ぎて、ご主人の機嫌を損なわないように、自分の世界観も大切にするようにしましょう。
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
確認中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
小高千枝
小高千枝をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
小高千枝
小高千枝の更新通知が届きます!
フォロー中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.