2016年5月16日 19:00|ウーマンエキサイト

付かず離れずが、結婚後のちょうどいい夫婦の距離【ダンナのトリセツ 第4回】

小高千枝
専門家
小高千枝
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
こんにちは。心理カウンセラーの小高千枝です。

日本における夫婦のあり方のひとつとして、女性は「3歩下がってついていく」という言葉がありますよね。

みなさんはこの言葉の意味をどのようにとらえていますか?

ベッドの上で向き合う夫婦

(c) deagreez - Fotolia.com



“男性を立てる” “控えめにする” “従順にしたがう”など、男性の後ろに下がって、内助の功としての立ち居振る舞いであったり、見方によっては、女性蔑視、男尊女卑のように感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

じつは、この言葉の一説には、「何かあったら俺が守るから、おまえだけでも逃げろ」という男性が女性を“守る”という意味がこめられているとも言われています。

そのほかにも、男性は女性を大切にし、女性は守ってもらうことばかりに依存するのではなく、男性のサポート的存在として、臨機応変に動けるようなポジションを大切にする、そんな意味があるようにも感じます。

類似性があることで、心の距離は縮まりますが、相補性の関係はお互いに支えあい、補いあえることが、夫婦関係をさらに深めるきっかけにもなるものです。

■「つかず離れず」の距離感を大切に

ぴったりと後ろについて歩くと、視野がせまくなり周囲に気を配ることができません。

3歩ほどの距離感があると、物事を客観視し、ご主人のポジションをその都度みつめ、どういった関わり方をするべきか? が見えて来ます。

ケースバイケースでご主人にとって必要なことや、タイミングなどを見据えることができるのも、ほどよい物理的・心理的距離感があるからこそ。

まさに「つかず離れず」の距離感を大切にすることが、“賢い妻”のキーワードのひとつです。

その自然な心地よさが、ご主人にとっては必要不可欠なものとなり、妻や子どものために「頑張ろう」という気持ちの芽生えや維持にもつながるのです。
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
確認中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
小高千枝
小高千枝をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
小高千枝
小高千枝の更新通知が届きます!
フォロー中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.