2016年5月9日 23:59|ウーマンエキサイト

梅雨のうっとおしい時期を快適にすごす人がしていること

金丸 標
ライター (イタリアコラムニスト)
金丸 標
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
イタリアには梅雨の時期がありません。春の終わりを感じるヒマもなく夏の太陽がやってくるのが通例ですが、今年は長雨続き。じめついた気候にキレて、カリカリしがちな人を最近よく見ます。

そのような人々の中でひときわ目立つのは、やはり「湿気に負けないさわやかさを保っている人」で、男女問わずさっそうとして見えるもの。そんなイタリアの人が実践している「さわやかさをキープするためのコツ」をご紹介します。

目次

・レインブーツ+フェルトのお手製インソール
・折りたたみ傘+密封バッグ


梅雨のうっとおしい時期を快適にすごす人がしていること

©Ekaterina Pokrovsky-fotolia.com



■レインブーツ+フェルトのお手製インソール

スカート派の知人女性は「足下のじめつきが気にならないし、ヒールがあるものはエレガントに見える」と、雨のときは絶対ヒールありのレインブーツと決めています。

「とは言え、気温が高めの時期だから足のコンディションが気になる」と、履く時は工夫を欠かしません。市販のインソールを使っているのかと思いきや「片っぱしから試したけど、あまり効果がなかった。インソールで靴底が厚くなって歩きにくいし、足がむくんでなかなか脱げなくて困った」と、彼女のボヤきが返ってきました。

試行錯誤した彼女が行き着いた解決策は「手芸店で厚手のフェルトを買って、ソールの形に合わせて切り取るの。ベビーパウダーにアロマオイル(ティーツリーまたはユーカリ)を何滴かなじませたものを、切り取ったフェルトに含ませてからブーツに入れる」というもの。

4、5回使ったら捨てて新しいものに取りかえるので、ブーツの中はいつも快適だそうです。
金丸 標
金丸 標の更新通知を受けよう!
確認中
金丸 標
金丸 標の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
金丸 標
金丸 標の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
金丸 標
金丸 標をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
金丸 標
金丸 標の更新通知が届きます!
フォロー中
金丸 標
金丸 標の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.