2016年9月20日 22:00|ウーマンエキサイト

一生使える鉄フライパンは、キッチンの“育てる”パートナー

森川ほしの
ライター
森川ほしの
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
テフロンなどのフライパンは、食材が焦げつきにくく使いやすいのですが、使い方によってはすぐに表面加工がはがれてしまうという難点も。そこで今回は、そんな心配をせずに使える「鉄フライパン」について紹介します。

目次

・魅力その1:火力が強くても大丈夫!
・魅力その2:一生モノとして使い続けられる!
・魅力その3:使ったら、すぐに洗える
・購入したら、使用前にまず「ならし」と「空焼き」
・長く使えるフライパンの育て方

フライパン

(c) sonyakamoz - Fotolia.com


「扱いが難しいのでは…?」と敬遠している人も多いようですが、実はコツさえマスターすれば、意外と楽に、長く使えるスグレモノ。鉄フライパンは、ズボラな人にもぴったりな調理器具です。

■魅力その1:火力が強くても大丈夫!

鉄フライパンは熱に強く、表面加工がはげる心配もないので、強い火力での調理に適しています。

また、一度熱くなると長くその熱をキープできるため、食材を投入してもフライパンの温度が下がりにくいという特徴も。炒めものやステーキなど、高温でサッと加熱したいメニューを、おいしく仕上げることができます。

■魅力その2:一生モノとして使い続けられる!

鉄製のフライパンは、一度や二度の失敗では、ダメになったりしません。真っ黒に焦げついても、ゴシゴシ洗って焦げを落とせば再生可能。しかも、正しい方法で使い続けているうちにフライパンに油がなじみ、どんどん使いやすい状態になっていきます。

良好な状態を保つために、少しの手間さえかけてあげれば、一生使えるというところが大きな魅力。しっかり使って「育てる」ことで、自分だけの一生モノの道具が手に入ります。

■魅力その3:使ったら、すぐに洗える

表面加工が施されたフライパンは、冷めるのを待って洗った方が良いとされています。これは、高温のフライパンをすぐに洗うと、温度差の影響で表面加工がはがれやすくなるから。

鉄のフライパンならその心配はありません。調理後すぐに洗うことができ、別メニューの調理に同じフライパンを使いたいときや、キッチンをすぐに片づけてしまいたいときなどは大いに助かります。

ただ、熱々の鉄フライパンを冷水につけると、温度差で変形する可能性があります。そのため、すぐに洗う場合はお湯を使うと安心です。
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
確認中
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
森川ほしの
森川ほしのをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
森川ほしの
森川ほしのの更新通知が届きます!
フォロー中
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.