2016年10月29日 20:00|ウーマンエキサイト

嫁いだ娘と実家こそこじれやすい! 実の親を頼る時の心得5ヶ条

いざというとき、心強いのが実家の存在。子どもの面倒を見てもらったり、家事や育児の相談にのってもらったり、グチやイライラを聞いてもらったり…。そこはママたちのオアシス! ただ、ついつい遠慮を忘れて、トラブることも少なくないのだそう。

目次

・実の親に聞いた、「嫁いだ娘」への本音
・実の親にも、お金のことは節度を持って!
・実の親子関係でも忘れちゃいけない、心得5か条とは?


嫁いだ娘と実家こそこじれやすい! 実の親を頼る時の心得5ヶ条

© Justinb - Fotolia.com


実家とはどうつき合うべきか? 実の親の本音と先輩ママの反省から、その極意を探ります!

■実の親に聞いた、「嫁いだ娘」への本音

合わない、好かない、気に食わない…などと、嫁と義父母との確執は世の常。あちこちで耳にするポピュラーな話題ですが、実の親とだって、うまくやれているかは怪しいかも?

実は実家の面々も、嫁いだ娘に対して思うことあり。はっきり言葉にしないだけで、その胸中はモヤモヤしているようなのです。
「子連れで遊びに来てくれるのはうれしいけれど、ごはんを食べてお風呂に入って…と、あまりにも頻繁すぎるのはイヤ。たまには遠慮してほしい」(50代)

「子守りを親孝行にすりかえるのはやめて。たしかに孫には会いたいけれど、『一緒にいたいんでしょ?』『孫はかわいいんでしょ?』と、こちらの都合おかまいなしに一方的に押しつけられるとイライラしちゃう」(60代)

「帰ってきてはダンナのグチや悩み相談ばかり。反対を押し切って結婚したんだから、もうちょっと耐えなさい!」(50代)

「出産で3カ月間の里帰り。その間、上げ膳据え膳のもてなしと、新生児のお世話でおおわらわ。楽しかったけど、『また来るね!』のひと言だけってどうなのよ!?」(50代)

孫は心底かわいいけれど、子育てしたいわけじゃなし。親たちの意識は「育児の傍観者」で、頻繁かつ当然のように子守をさせてしまうと、いつか本気でキレられるかも…。また、実家とはいえ、我が家のごとく遠慮なく行き来するのも控えたほうがよさそうです。

■実の親にも、お金のことは節度を持って!

ほかにも、お金がらみのグチも多数。面と向かって言いにくいからこそ、根深い問題に発展しやすいので要注意!
「孫へのおこづかいやら各種お祝いなど、催促されるとムカッときちゃう。出してもらって当たり前という考えはそろそろやめにしてほしい」(50代)

「義父母にはあれこれ気を使って贈り物とかするくせに、こちらに対しては適当。家を出たんだから、もうちょっとちゃんとしたつき合いをしてほしい」(70代)

実の親から次々あふれ出す、娘に対するグチや不満。味方だと思っていい気になっていると、いつか手痛い仕打ちにあいそうです…。
ハルノ コトリ
ハルノ コトリの更新通知を受けよう!
確認中
ハルノ コトリ
ハルノ コトリの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ハルノ コトリ
ハルノ コトリの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ハルノ コトリ
ハルノ コトリをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ハルノ コトリ
ハルノ コトリの更新通知が届きます!
フォロー中
ハルノ コトリ
ハルノ コトリの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.