2017年8月30日 08:00|ウーマンエキサイト

外出先でギャン泣き! 赤ちゃんとのお出かけのときの育児あるある【パパママの本音調査】 Vol.147

外出先でギャン泣き! 赤ちゃんとのお出かけのときの育児あるある【パパママの本音調査】  Vol.147

(C)makieni- stock.adobe.com



夏は帰省やレジャーなどで赤ちゃんとのお出かけも多くあります。飛行機や新幹線などの交通機関や、お店・レジャー施設などの公共の場で赤ちゃんが泣きやまずに困ってしまったという人もいるのではないでしょうか? そこでパパママ世代に調査してみました。

Q.公共の場所で、赤ちゃんが何をしても泣き止まず困った経験はありますか?
1.ある 68.4%
2.ない 24.0%
3.覚えていない 7.7%


約70%の人が赤ちゃんが泣きやまずに困った経験があると回答しました。赤ちゃんは泣くものとわかっていても、周りの人の目が気になってしまうことも。みんなのあるある体験談を見てみましょう。

■泣き出したら最後。どこでも帰らざるを得ない

レストランでのギャン泣きで困ったという人が多くいました。食べずに帰ったり、食べている途中で席を立ったり…。なかには空気の読めない夫にイラっとしたという人も。

「外出先でご飯を食べに行って、注文の後に娘が大泣きして、何をしても泣きやまないので、出た食事を食べずにお金だけ払って帰ってきました。今でもそのお店の前を通ると思い出します」(千葉県 40代女性)

「スーパーで泣かれて何も買わずに帰ったことも、電車を途中で降りたことも、いろいろあります」(神奈川県 40代女性)

「ありますよ〜。行きたかった子連れOKのレストランに一家で行きました。注文した品がテーブルに並び始めて間もなくギャン泣きがはじまり、徐々にお客さんも増え始めたので、周りに申し訳ないと思い『外に出てあやしてるから』というとした瞬間、夫が『コーヒー頼まないの?』と。『こんな状況で飲めるわけないでしょ』とイラっとしました」(北海道 40代女性)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.