山崎賢人、左右されまくりの人生の集大成! “Ψ強”の笑い『斉木楠雄のΨ難』

2017年10月13日 07:00
 

nakamura omame ライター
nakamura omame

目次

・福田監督の“笑い”のこだわりに衝撃! 「これはやべぇぞ!」
・笑いをこらえるのに必死の撮影現場――「早く2回目がやりたい」
・山崎賢人の集大成! いままでのイメージがあるからおもしろい
・斉木と真逆の学生時代! 周りに「左右されまくりです(笑)」
『斉木楠雄のΨ難』山崎賢人インタビュー
10月21日公開の映画『斉木楠雄のΨ難』で、念願のコメディ作品に初主演する山崎賢人さん(「崎」は正しくは「たつさき」)。超能力を持ちながら、ひたすら普通の生活がしたいと望む主人公・斉木楠雄を演じています。

笑いをこらえるのに必死だったという笑顔あふれる現場で作られた作品は、当然ながら爆笑必死の最高傑作。青春もの、胸キュンもの…数々の作品に出演し、役者としての経験を重ねてきた山崎さんに、コメディならではの難しさ、殻を破った新たな自分について語っていただきました。

■福田監督の“笑い”のこだわりに衝撃! 「これはやべぇぞ!」

『斉木楠雄のΨ難』山崎賢人インタビュー
――今回、福田雄一監督からのご指名で初タッグが実現したそうですね。

「勇者ヨシヒコ」シリーズを観てから、僕も福田さんとご一緒したいなと思っていました。3年くらい前に福田さんが舞台を観に来てくださって、そのときに「『斉木楠雄のΨ難』っていうのがあるんだけど、やらない?」と直々に声をかけていただき、「やります!」と(笑)。

――即答ですね(笑)。福田組について、撮影前のイメージはいかがでしたか?

福田さんの世界にはとにかく“笑い”があるので、「どうなるんだろうな」って自分自身ワクワクしながら衣装合わせに行きました。撮影に入る前、監督に「僕、なんか準備して行った方がいいですか?」と聞いたら、「何もいらない。何も持ってこないで」と言われて…。

――実際の撮影に入ってからはいかがでしたか?

撮影初日が、(橋本環奈演じる)照橋さんが斉木を好きになるきっかけとなる夏休みのシーンだったんです。そのときの環奈ちゃんの振りきり方がすごすぎて。鼻の穴も広げるから、「そこまでやるの!?」と。斉木楠雄の心の声(かなりクール)とのギャップもあるので、内心これはやべぇぞって(笑)。

斉木の妄想シーンの最初は「おっふ」(美少女の照橋を見た男性陣が、頬を赤らめながら口にする言葉)だったんです。「(軽く手を上にあげて)おっふ」くらいの感じかなと思っていたら監督が、「(両手をバタバタ上下に動かして)あわあわあわ…照橋さん、おっふ、おっふ」って(笑)。「監督さすがっす!」。やっぱり違うって思って、そこから吹っ切れましたね。
 
 

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.