やさしいママのヒミツ

さまざまな分野で活躍する多忙なママたちに、「やさしいママ」でいるための秘訣を伺いました。子育てで心がけていることや、暮らしへのこだわり、欠かせない愛用アイテムもご紹介します。

特集へ戻る

甘やかさず「考える力を身につける」子育て #14「暮らしかた冒険家」伊藤菜衣子さん

 

[PR]


豊かな食材に囲まれ、エコハウスに暮らす、とてもうらやましい環境に思える、伊藤さんの暮らし。地方移住というブームに対しては、どうお考えですか?

甘やかさず「考える力を身につける」子育て #14「暮らしかた冒険家」伊藤菜衣子さん
「都心には都心で、地方都市は地方都市でできることがあるから、どちらでもいいと思っています。どちらにいても大変だし、人生の目的と自分の状況がどうかによると思うんですよね。

私の場合は札幌に元実家があったし、勢いで移住したわけではないんです。周りの人たちが2005年くらいからどんどん地方に移住しているのをずっと見てきて、これならできるんじゃないかと、確かめてからのジャッジでした」

ブルーベリーやじゃがいもも収穫できる庭は、子どもにとって十分楽しめる場所

ブルーベリーやじゃがいもも収穫できる庭は、子どもにとって十分楽しめる場所


「ブームには流されなくていいと思うんです。仕事が変わったり、夫婦の関係性が変わる人もいるし、自分ができると思ったタイミングでしないと、本当に辛いと思います。私は冒険家と名乗ることで、これが普通ではなくて、結構危険なことをやっているというリマインドにもなっています。普通の人ができると思ってやったらできないようなことを、冒険家としてやっているだけですから」

■これからの環境をまもる「みんなができる方法」

「暮らしかた冒険家」として、 “暮らしの常識と思われていることに対して、ほかにやり方はないか? いつも疑っていきたい” と話す伊藤さん。

「これまでは、自分が楽しければいいと思っていたけど、子どもが生まれてからは環境に対する考えについても、 “社会全体に広まらないと、子どもが大人になるまでもたない” と思っているんです。だから、みんなができる方法を考えるようになりました」

環境や未来の社会について “みんなができること” を常に考え、「100万人のキャンドルナイト」をはじめ、環境を考えるムーブメントを数々手がけてきた伊藤さん。日々使うものも、環境への影響を考えているといいます。

甘やかさず「考える力を身につける」子育て #14「暮らしかた冒険家」伊藤菜衣子さん
「そもそも洗剤の香料が苦手なんです。自然の香り、もしくは匂いがしないものを選んでいくと、自然派の洗剤にたどり着きますよね。逆に、環境にやさしい、自然由来のものを選んでいると手荒れもしない。そこがいいなと思います」

天然素材を使っている上に、売上の1%が原料の産地であるボルネオ島の環境保全に役立てられている、ヤシノミ洗剤の「サラヤ」の取り組みには、とても共感するという伊藤さん。もともと「ヤシノミシリーズ」を使っていたそうですが、改めてご体験いただきました。使い心地はいかがでしょうか?

環境と人権に配慮して生産された、認証植物油を採用。必要以上使わずに、しっかりとした洗浄力も実現。右から、ヤシノミ洗剤、ヤシノミ洗濯洗剤、ヤシノミ柔軟剤

「サラヤ」のヤシノミシリーズ。環境と人権に配慮して生産された、認証植物油を採用。必要以上使わずに、しっかりとした洗浄力も実現。右から、ヤシノミ洗剤、ヤシノミ洗濯洗剤、ヤシノミ柔軟剤

無香料、無着色。食器に洗剤の香りうつりがなく、匂いに敏感な伊藤さんにも安心して使えます。本体(ポンプ付き 500ml/400円)、詰め替え(480ml/270円)

無香料、無着色。食器に洗剤の香りうつりがなく、匂いに敏感な伊藤さんにも安心して使えます。本体(ポンプ付き 500ml/400円)、詰め替え(480ml/270円)


「近所のお店では『ヤシノミシリーズ』を扱っていないので、なかなか買えず、よっぽどのことがない限り、アクリルたわしで乗り切っていましたが、やっぱり便利ですね。『ヤシノミ洗剤』は、ほかの自然派洗剤と比べて、汚れがすっと落ちるので洗い残しもなくて安心です」

何よりも香料が苦手な伊藤さんは、これまで柔軟剤は使っていなかったのだとか。

「肌触りよりも、においがないことを優先していました。無香料の柔軟剤って、ほとんどないですよね。でも『ヤシノミ柔軟剤』を使ってみたら、香りもなく、乾燥機にかけてもふわふわで、すごくいいなと思いました。やっぱり肌触りがいいと、気持ちがいいですね。今度から柔軟剤をも使ってみたいと思います」

ふんわりした肌触りと、しっかりとした吸水力。繊維が柔らかくなることで、肌にも衣類にもやさしくなります。ヤシノミ柔軟剤(380ml、オープン価格)

ふんわりした肌触りと、しっかりとした吸水力。繊維が柔らかくなることで、肌にも衣類にもやさしくなります。ヤシノミ柔軟剤(380ml、オープン価格)



■母から教わった「甘やかさず、考える力を身につける」子育て

環境や社会にやさしいことを心がけている伊藤さん。子育てで気をつけていることは、甘やかさないこと、「やさしいママじゃない」と笑います。

「 “暮らしかた冒険家”って変わっていますよね。仕事を兼ねて、海外に1ヶ月行くこともあるし、親がいつも家で働いている。これが普通だと思って育ったら、世の中でまったく使いものにならないと思うんです。人がよく来るのでちゃんと挨拶ができるように、人見知りをしないようにとは思っています」

甘やかさず「考える力を身につける」子育て #14「暮らしかた冒険家」伊藤菜衣子さん
時間は限られますが、集中して仕事をすることで、お子さんとの時間をたっぷり作るのが伊藤さんのやさしさ。そして厳しく接することで、自分で考える力をつける子育てを心がけているそう。

「仕事をやりきった感がないと、子どもと遊びたいのに、もやもやしてどっちつかずになってしまうんですよね。私ができるのは、食後に一緒に遊ぶこと。できるだけ全力で遊びます。私自身、『自分が始めたくてやったことは、自分で辞めろ』と言われて、甘やかされないで育ってきました」

「母から勧められて始めたクラシックバレエでさえ、途中で『ステージママやりたくないから、続けたいなら自分でなんとかして』と言われ、発表会の情報収集をしたり、衣装にスパンコール縫い付けたりしていました。

お金は必要最低限は出してくれるのですが、レオタードは1着あれば十分とファッション的に何着も持つのはNG。辞めたいときも先生にどう切り出すかというのを、小学生で考えなきゃいけなかった。

でも苦労していると、先生がお下がりをくれたり、頑張ってちゃんとやっていれば、誰かが見てくれて、助けてくれるんです。誰のお母さんと仲良くなれば情報をもらえるかなど、処世術を学んだんですね(笑)」

甘やかさず「考える力を身につける」子育て #14「暮らしかた冒険家」伊藤菜衣子さん
「泣いてもわめいても変えてくれない。親の方針というのは、本当に強いなと思います。この人に言っても仕方がないから、『じゃあどうする?』と自分で考えるようになるんです。うちの母と同じように、厳しいかもしれないですが、徹底的に説明して納得させようと思っています。

お母さんだから当たり前じゃなくて、お母さんでもやりたくないことはやりたくない、やらなくていい。そんな母の子育てが今の私を作っているから、感謝しているし、自分の子どもにも引き継いでいきたいですね」

取材/文:赤木真弓 撮影:林ひろし

[PR]サラヤ株式会社
http://www.saraya.com/
http://www.yashinomi.jp/

【やさしいママのひみつ 一覧】
記事をもっと見る >>

読者アンケートにご協力ください (全6問)

Q1. 香料や着色料などは一切無添加、サラヤの「ヤシノミシリーズ」をご存じでしたか? (必須)

Q2. 「ヤシノミ洗剤」(食器用)を購入したことがありますか? (必須)

Q3. 「ヤシノミ 洗たく用洗剤」を購入したことがありますか? (必須)

Q4. 「ヤシノミ 柔軟剤」を購入したことがありますか? (必須)

Q5. 無香料や無添加、環境にやさしい洗剤への関心について (必須)

Q6. 「やさしいママのひみつ」、サラヤの「ヤシノミシリーズ」についてご意見・ご感想をお聞かせください[自由回答] (最大255文字)

送信中… 回答の送信に失敗しました. 必須項目を入力してください.
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.