やさしいママのヒミツ

さまざまな分野で活躍する多忙なママたちに、「やさしいママ」でいるための秘訣を伺いました。子育てで心がけていることや、暮らしへのこだわり、欠かせない愛用アイテムもご紹介します。

特集へ戻る

子どもとキャンプを通して向き合う、肩肘張らない子育て #11『CAMMOC』 三沢真実さん

[PR]

今回の「やさしいママのひみつ」は、アウトドアクリエイターズユニット『CAMMOC(キャンモック)』の代表を務める、三沢真実さん。4歳の男の子を持つ、ママキャンパーです。

子どもとキャンプを通して向き合う、肩肘張らない子育て #11『CAMMOC』 三沢真実さん
三沢真実さん
息子さん:有禮(ありのり)くん 4歳

アウトドアクリエイターズユニット、デザインキャンプ『CAMMOC』代表。アートディレクター・プロデューサー。「キャンプのある暮らし」をコンセプトに、初心者でも手ぶらで気軽に参加できる、キャンプイベントを企画運営。また、アウトドアをテーマとした、パーティープランニングや装飾、店舗やインテリアアドバイスなども行っている。
http://cammoc.com
instagram:@mamimisawa、Facebook:@cammoc


三沢さんが、自然と触れ合いながらたどり着いた、肩肘張らない子育てとは? 笑顔で子どもと接するための、秘訣を伺いました。

■ごはんを作るのも食べるのも、いつも一緒

まず、三沢さんの平均的な1日のスケジュールを見てみましょう。
5:00: 起床、メールや家事を済ませる

7:30: 有禮くん起床、一緒に朝食

9:00: 保育園へ見送り。ミーティング、パソコン作業、備品作りなど

18:00: 保育園へお迎え、買い物、夕食づくりを一緒に夕食

20:00: 一緒に遊ぶ

21:00: お風呂

22:00: 二人で就寝 

三沢さんは有禮くんと一緒に過ごす時間を、何より大切にしているのだそう。

「保育園に預けているので、一緒にいる時間が短く、お互いに一緒にいたいと思っているんですよね。だから、帰ってきて私一人でごはんを作り、その間待っていてもらうよりも、一緒にごはんを作って食べれば、その時間も一緒にいられるし楽しいと思ったんです。保育園帰りにそのまま一緒に買い物に行って、ごはんも一緒に作ります」

この日初めてのりんごの皮むきに、有禮くんは興味津々。好きな事には集中できるそう

この日初めてのりんごの皮むきに、有禮くんは興味津々。好きな事には集中できるそう


有禮くんは、野菜を切るのもお手のもの。なんと、2歳のときからマイ包丁を持っているのだそう。

「お手伝いというと、私が主導ですることを手伝ってもらうという感じになると思いますが、私と子どもが一緒に食べるごはんを一緒に作る、一緒に使ったところを一緒に掃除する。それは子どもにも必要なことだから、一緒にするというような感覚でやっています。

私自身は、母がなんでもやってくれていたから、あまりお手伝いをしてこなかったのですが、大人になってからもやってもらうのが癖になっていて、反省することも多いんです。自分で自分の生活を楽しみながらすることが、当たり前に思えるような関係でいたいなと思うんですよね」

子どもとキャンプを通して向き合う、肩肘張らない子育て #11『CAMMOC』 三沢真実さん

一緒に作ると、どうしても夕食の時間も遅くなってしまうといいますが、食後も30分は一緒に遊ぶ時間を作っているのだそう。寝る時間も遅くなる分、朝はゆっくり。無理なく、2人の時間を楽しんでいるといいます。

■五感を研ぎ澄ませてくれる、キャンプの魅力

ママキャンパーとして、年間50泊以上キャンプに出かけるという、三沢さんの最初のキャンプ体験は、小学1年生から6年間入っていたガールスカウト。自然の中で遊んだり、何もないところから何かを作り上げる楽しさを十分に味わったといいます。

「ガールスカウトのキャンプは訓練的で、飾りつけもないし、過酷でしたが、そのときの経験が活きていると思います。ガールスカウトを辞めてからは、キャンプに行っていなかったのですが、一緒に『CAMMOC』の代表をやっている三宅に誘われて、久しぶりに行ったのがきっかけで、はまりました」

フードコーディネーターで、一緒に「CAMMOC」の代表を務める三宅さん(中)と、スタッフの関根さん(右)

フードコーディネーターで、一緒に「CAMMOC」の代表を務める三宅さん(中)と、スタッフの関根さん(右)


「彼女のキャンプは、ガールスカウトでやっていたような、鉄骨テントにただ寝袋だけ敷くようなものではなく、居心地のいい空間を使って、おいしいごはんを作るというもの。『こんなキャンプがあるんだ!』って、衝撃的で。そこから毎月のように一緒にキャンプをするようになりました。今年で活動は6年目。息子のキャンプデビューは0歳1ヶ月でした。ほぼ泊まりなので、必ず一緒ですね」
次ページ :  出産を機に始めたのが、小さいお子さんがいるママに向けた「ママキャンプ」 >>
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.