2018年1月29日 08:00|ウーマンエキサイト

誤爆が縁の切れ目!? メッセージの「うっかり誤送信」経験ある人は●●%【パパママの本音調査】 Vol.215

誤爆が縁の切れ目!? メッセージの「うっかり誤送信」経験ある人は●●%【パパママの本音調査】  Vol.215

(c)naka - stock.adobe.com



あなたはメールやメッセージ間違って送ってしまったことありませんか? 送信をしてしまうともう取り消すことができないものが多いため、恥ずかしい思いや気まずくなってしまうことも…。そこで、パパママ世代に「うっかり誤送信」についてアンケートをしてみました。

Q.メールやメッセージの「うっかり誤送信」経験ありますか?
1.ある(非常にまずい内容・相手)   33.5%
2.ある(問題ない内容・相手)     51.0%
3.ない                15.6%


なんと、誤送信をしてしまった経験のある人が84.5%と圧倒的に多い結果になりました。中でも非常にまずい内容や相手にご送信をしてしまった人が33.5%。こんなことにならないためにも、送信前に内容と宛先の確認は必ずチェックしましょうね。

■これならまだ笑って許せる誤送信あるある

内容によってはまだ笑って許せる誤送信もあります。ちょっと恥ずかしかったり気まずかったりすることもありますが、こんな程度ならまだOKです!

「取引先の担当者へ、奥さん宛のメールを送ったことがあります。子どもがふざけて変顔したときの画像を添付して…」(北海道 40代男性)

「実家のグループLINEに、夫宛のメッセージを送ってしまったことがあります。『まだまだラブラブだねー』と妹には言われ、笑うしかありませんでした。母には『安心したよ』と言われかなり恥ずかしかったです」(神奈川県 40代女性)

「『返信遅れてごめんね』と打つところを、『変身遅れてごめんね』と打ってしまったことはあります。『何に!?』と返ってきました」(千葉県 40代女性)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.