2018年2月17日 07:00|ウーマンエキサイト

「野菜高すぎ!」冬の食卓を救うのは親子で挑戦「野菜くずで再生栽培」

目次

・水につけておくだけでぐんぐん伸びる「万能ネギ」
・スープの彩りや炒め物に「大根やニンジンの葉」
・鍋料理に欠かせない野菜も再生「三つ葉」
「野菜高すぎ!」冬の食卓を救うのは親子で挑戦「野菜くずで再生栽培」

ⓒwckiw-stock.adobe.com


料理をするときに切り落とす、野菜の根や葉っぱ部分。生ゴミとして捨ててしまいがちなこれらの「野菜くず」の中には、簡単に再生栽培できるものもあります。

野菜が育っていく様子を観察すれば親子でも楽しめる、何よりエコ。子どもと一緒に野菜くず栽培にチャレンジしてみませんか?

■水につけておくだけでぐんぐん伸びる「万能ネギ」

野菜くずの再生栽培の中でも、手軽に試しやすいのが万能ネギ。次の手順で、挑戦してみましょう。

1. 根元から3~5cmくらいを目安に切り落とし、根の部分が浸るくらいの水を入れたコップなどの容器に入れておきます。

2. ネギがグラグラするときは、切り込みを入れたスポンジに差すと安定します。

3. 4~5日たつと新しい芽が伸びてくるので、先の方からカットして使います。


キッチンに置いておいて、みそ汁の薬味など必要な分だけハサミでカットすれば便利ですね。また、観葉植物の鉢などに差して時々水をやると、何度も収穫が楽しめます。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.