映画「クレしん」はなぜ大人の胸に響くのか。子どもの方が大切なことわかってる?

2018年4月12日 00:00
 

nakamura omame ライター
nakamura omame

目次

・泣ける! 野原家サイコーの名言たち
・今年は友情濃いめ! カスカベ防衛隊の絆はいかに!?
・子どもに大人気の豪華キャストが声優として登場!
・社会問題も反映! しんちゃんから学ぶ人生の教訓
『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018


4月13日に『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』が公開。おやじギャグを言ったり、お色気大好きだったりと“おませ”なしんのすけのおバカな言動で笑わせてくれる『クレヨンしんちゃん』ですが、友情、家族愛がたっぷりと詰まった劇場版には毎回泣かされるというママも多いのでは?

今回は『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の見どころとともに、過去の映画作品の中から心に響く名言をピックアップしてご紹介。野原家の人間味あふれる言葉の数々は必見です!

■泣ける! 野原家サイコーの名言たち

『映画クレヨンしんちゃん』といえば、名言がたくさんあることでも有名。もちろん今年の映画にも数々の名ゼリフが散りばめられていますが、そちらはぜひとも劇場でご確認を! ということで、いままでの映画作品の中から名言を振り返ってみましょう。

「押し付けることがしつけじゃねえんだ!! 自分からやらなきゃ意味がねえんだよ!」(ひろし)
洗脳された“ロボとーちゃん”がしんのすけに無理やりピーマンを食べさせようとする姿を見て、止めに入ったひろしの一言。

親は「しつけ」と称して子どもにいろいろなことを押し付けがち。もちろん子どもを愛しているからこそですが、何事も押し付けるのではなく、子どもが進んでやるように促すことが大切なんですよね。しんのすけを思うひろしの言葉に、ハッとさせられます。

「たいして誰も気にしてないゾ」(しんのすけ)
野原一家が緊急事態に陥り会社を休んでしまい、同僚のことを気にするひろしにしんのすけが放った一言。

あまりに的を射た発言に、「たしかにね」と思わずうなづいてしまいます。周りにどう思われるか、会社に迷惑をかけるのではないのか…と、周囲を気にしすぎて本当に大切なことを見失いつつある大人にガツンと響きます。

「仕事は頼めても、おやじは頼めないからな」(ひろし)
先述の名言にも通じるこの言葉は、しんのすけが行方不明になったと連絡を受け、大事な会議をすっぽかして会社を後にする際、ひろしが後輩社員に告げた一言。

もちろん、どんな親でも行方不明なんて大事になればわが子を優先させるでしょうが、「仕事が忙しくて…」を武器のように振りかざしがちなパパ・ママには、ズシンとくる名言です。

「優しくしてくれるパパばっかりに甘えんなっ。好きで嫌われ役をやってんじゃないわよ! 嫌われたっていいから自分の子どもを守りたいだけ! あんたたち子どもにはわからないと思うけどね、それが母親ってものなの」(みさえ)
母親が事故で亡くなったことがトラウマになり、自分のせいだと悪夢しか見られなくなった少女(サキ)に、みさえが伝えた一言。そしてこの言葉は「あなたを憎むわけない」と続きます。

『クレヨンしんちゃん』の名言はひろしが注目されがちですが、みさえだって負けてはいません。子どもを大切に思う母の気持ちに共感し、胸が熱くなります。

おバカなこともたくさん言い合う野原家ですが、じつはそれぞれが家族思いの愛にあふれた家族。その家族愛がより濃く描かれ、心に刺さるのが『映画クレヨンしんちゃん』なのです!

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.