びっくり、あんなものがビーズに変身! 親子で楽しめるカラフルビーズ【昔ながらが”今”楽しい!レトロアートレシピ Vol.5】

2018年4月7日 10:00
 

やまだ そのこ ライター
やまだ そのこ



こんにちは、そんたんママです。
待ちに待った春! 温かくになると服や髪型など、自然とおしゃれをしたくなりますね。

今回はご家庭にあるあるものを使って、親子でかわいい手づくりアクセサリーをつくっちゃいます!

■材料をそろえよう



ビーズの材料はペットボトル。
その他準備するものはハサミ、カッター、油性ペン、アルミホイル、細身のゴムひも。
加熱する際にオーブントースター(もしくは魚焼きグリル)を使います。

■ペットボトルをカットしよう



ペットボトルビーズをつくる最大のポイントは1.5Lの炭酸飲料のものを使うこと!

お茶などのペットボトルではうまくいかず、炭酸飲料でも500mlより大きいサイズの方がぐっと成功率が上がります。

使うのは主にラベルが貼ってあるフラットな部分。



上下の丸くなっている部分は使わないので、カッターやはさみを使って切り落とします。



筒状になったら、縦に切ってペットボトルを開きます。
よくみると側面に継ぎ目が2か所ほどあるので、線に合わせてカットしましょう。



円柱を半分に割った形のものができました。



切り目がでこぼこしていたらはさみで切って整えます。



ラベルをはがした後のベタベタした部分は、消しゴムでこするときれいに取れます。



ペンで描きやすいようにさらに縦半分に切ったら準備OK!

■ペットボトルに色を塗って熱を加えよう



わん曲している内側に、油性ペンで色を塗ります。
油性ペンの代わりにポスターカラーを使うと不透明なビーズになります。



色が塗れたら縦2.5cm、横1cmほどの短冊状に細かくカットします(使うペットボトルによって取れる個数が変わります)。

サイズはおおよそでも良いですが、大きすぎたり小さすぎたり切るのがななめになったりすると、うまく丸まらないことがあるので注意!

はさみでちょきちょき切りわけたら…。



トースターの受けにアルミホイルを敷き、重ならないようパーツを並べます。



200度くらいに熱しておいたオーブンに入れ、20秒ほど待つと、くるり!
パーツが丸まります。

高温すぎるとうまく丸まらないことがあります。
取りだす時は火傷に注意してください。



オーブンから取りだして冷ませば、ペットボトルビーズのできあがり!

いくつか失敗するものも出ましたが、くるっと丸まって端と端が合わさっていれば成功です。

■ゴムにビーズを通してアクセサリーにしよう



できたビーズをゴムひもに通します。
色を塗るのはもちろん、ビーズを通すのは子どもにやってもらうと良いです。



手首の長さに合わせて結べば、かわいらしいブレスレットのできあがり!
親子おそろいで身に着けると楽しいです。

ただこのアクセサリー、普段使いするにはちょっとかわいらしすぎるかな? と思うママさん向けに、もうひとつ大人な使い方をご紹介します!

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.