2019年1月22日 15:00|ウーマンエキサイト

もしかして嫌われている?「いつも誘うのは私…」人付き合いが不安

佐藤栄子
専門家 (心理カウンセラー)
佐藤栄子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

目次

・気づけば声をかけるのは「いつも私」
・「嫌われているかも」と思ってしまうのは、なぜ?
・誘われない理由はひとつじゃない
もしかして嫌われている?「いつも誘うのは私…」人付き合いが不安

ⓒmetamorworks-stock.adobe.com


これからの時期、子どもの卒園、卒業を控え、職場でも送別会などがあり、お誘いを受けることがいつもより多くなるかもしれません。

ランチや飲み会などの約束ごとに、よく誘われるという人、自分から声をかけるほうが多い人、半々くらいという人と、さまざまだと思います。でも、なかには「自分ばかりが声をかけている」とふとした瞬間に不安を感じる人もいるでしょう。

誘われない自分は、もしかしたら嫌われているのでは…? 今回は、そんな不安を感じてしまう理由についてお話していきましょう。

■気づけば声をかけるのは「いつも私」

例えば、良さそうなレストランを見つけたから、友だちをランチに誘ってみる。久しく会っていない古くからの友人グループに「たまには飲みにいこう!」と幹事となって集合をかける。誘う理由はいろいろです。

しかし、誘うのはいつも自分ばかり…と気づいた時、なかには「誘われることがとても少ないのはなぜだろう?」「もしかして、私は会いたいけれど、相手はそう思っていないのではないだろうか?」「声がかからないのは、実は嫌われている証拠なのかもしれない…」と感じる人もいるでしょう。

自分から誘うことが多い人のなかには「誘われない」という事実をこのように重く受け止めてしまう場合も。こうした不安を一度持ってしまうと、自分から誘いづらくなってしまいますし、人付き合いが楽しくなくなってきてしまいますよね。

「誘うより、誘われるほう」というのは事実だとしても、それがそのまま「誘われない=嫌われている」という図式に当てはまるのでしょうか?

■「嫌われているかも」と思ってしまうのは、なぜ?

誘われないことに「嫌われているかも」という不安を感じてしまうのは、なぜなのでしょうか?

それは、自分に対し「私は会いたいと思われない、誘うに値しない、つまらない人間である」という“無価値観”を無意識のうちに持っているからだと考えられます。

この無価値観を持つ人は、普段は実感がなくても意識の奥で「自分は誰かにとって、何の価値もない人間なのだ」という思いが眠っている状態です。

日常の暮らしのなかでは、こうした思いが顔をのぞかせるシチュエーションは必ずしても多くありません。でも、今回のように「誘われないことが多い」という事実に直面したとき、無価値観がムクムクと頭のなかを占めてしまうのです。

その無価値観は、誰かがそう言ったり評価したものではなく、あくまで自身が「そう感じているだけ」の、人なら誰もが持つ“思い込みのひとつ”

その感情には、あなたを誘ってくれない相手がどんな状況で、どんな気持ちを抱いているかは、直接的に関係がありません。なぜなら、「相手にとって価値ある存在なのかどうか」は、あなたの想像でしかないからです。

佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知を受けよう!
確認中
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
佐藤栄子
佐藤栄子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知が届きます!
フォロー中
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.