2018年12月30日 12:00|ウーマンエキサイト

手作りおせち料理「子どもが喜んで食べる」先輩ママ3つのアイデア

目次

・さとえりさん家のおせち「お雑煮、おせち…そしてバインミー?」
・土井地恵理子さん家のおせち「子ども目線の量&メニュー」
・高羽さん家のおせち「取り分け不要の“おせち弁当”スタイル」
・番外編:satomiさん家の正月おやつ「お年賀にもなる抹茶プリン」
手作りおせち料理「子どもが喜んで食べる」先輩ママ3つのアイデア
お正月といえば、おせち料理。一品一品に先人の知恵や願いが込められ、縁起物でもあるおせち料理は、お正月の“主役”ともいえるでしょう。

しかし、品数が多いうえ、年末の忙しい時期になんとかやりくりして作ったものの、子どもはあまり食べてくれないというお悩みも…。

「ほかのおうちは、どんなおせち料理を用意しているのかしら?」「子どもが食べてくれるおせちを作りたいけど…」。

そこで参考にしたいのが、ウーマンエキサイトのスペシャルサポーター「ママリーダーズ」のSNS。彼女たちはどんなおせち料理を準備したのでしょうか?

過去のブログやInstagramから、料理自慢のママリーダーズのアイデアがたっぷりつまった「子どもがパクパク食べる、自慢のおせち料理3つ」をご紹介しましょう。

■さとえりさん家のおせち「お雑煮、おせち…そしてバインミー?」

手作りおせち料理「子どもが喜んで食べる」先輩ママ3つのアイデア
手作りおせち料理「子どもが喜んで食べる」先輩ママ3つのアイデア教えてくれたママリーダーズは…
さとえりさん/料理レシピブロガー

料理は口から食べる愛情! をモットーに、3人の子どもたちの好き嫌いが少しでもなくなるようにと、悪戦苦闘しながら小さな努力を重ねる日々。2010年、笠倉出版より「ワンプレートごはん わたしカフェへようこそ」を出版。



新年は、新たな気持ちでお雑煮を食べました。
手作りおせち料理「子どもが喜んで食べる」先輩ママ3つのアイデア
今年のおせち、内容も詰め方もほぼ定番化。Instagramに載せた前年のおせちの写真を見ながら詰めました。
手作りおせち料理「子どもが喜んで食べる」先輩ママ3つのアイデア
お正月は、絵付けの磁器や漆器が大活躍。もともと土っぽい陶器が好きですが、凛(りん)とした清潔感が漂う磁器も年々好きになっています。
手作りおせち料理「子どもが喜んで食べる」先輩ママ3つのアイデア
この象谷塗のトレーはいただいたもの。朱塗の木曽漆器は母から譲り受けたもの。どちらもずっとしまいこんでいましたが、最近よく使うようになりました。手持ちの器との組み合わせを楽しんでいます。

家の前の通りがしーんとしていて、お正月の空気。今日は公園で大縄跳びをすると、夫と子どもたちが出かけていきました。

母はお昼ごはん用のパンを焼いて待ってま〜す。おせちの残りのなますと焼豚でバインミー作りました。
手作りおせち料理「子どもが喜んで食べる」先輩ママ3つのアイデア
子どもが喜んで食べる! 

■土井地恵理子さん家のおせち「子ども目線の量&メニュー」

手作りおせち料理「子どもが喜んで食べる」先輩ママ3つのアイデア教えてくれたママリーダーズは…
土井地恵理子さん/「HAVEFUN」ディレクター

1980年生まれ。25歳で出産後ネイルスクールに通い、産後1年半で自宅サロンを開業。5年前にバッグブランド「HAVEFUN」を立ち上げ、ディレクターを務める。プライベートでは、12歳になる双子の女の子のママ。Instagramでも多くのフォロワーを持つ。



今年のおせち。
手作りおせち料理「子どもが喜んで食べる」先輩ママ3つのアイデア
子どもたちはあまり好きではないというので、かなり簡素化しました。このくらいの量がちょうどいいようです。


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.