楽しく備える子連れ防災! 超カンタンな非常食・防災グッズの準備術【リアル体験談に学ぶ子連れ防災 Vol.1】

古屋江美子
ライター
古屋江美子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
地震や豪雨、台風、大雪など、自然災害が多い日本。災害から子どもの命を守るためにはどうしたらよいか、不安に感じるママも多いのでは? ママ目線のリアルな防災のヒントが見つかるのが、先ごろ発売された『全災害対応! 子連れ防災BOOK 1223人の被災ママパパと作りました』。1223人の被災ママパパの声をもとに作られたリアルな防災本です。

右:ママプラグ アクティブ防災事業代表の冨川万美さん。左:『全災害対応! 子連れ防災BOOK 1223人の被災ママパパと作りました』ママプラグ著(祥伝社)1,300円(税別)

右:ママプラグ アクティブ防災事業代表の冨川万美さん。左:『全災害対応! 子連れ防災BOOK 1223人の被災ママパパと作りました』ママプラグ著(祥伝社)1,404円(税込)


防災というと、難しいとか面倒だと思いがちですが、実は考え方次第だそう。日常生活のなかで、すでにできていることも意外にあるといいます。本を手がけたNPO法人ママプラグの代表、冨川万美(とみかわまみ)さんにお話を伺いました。
NPO法人ママプラグ
クリエイティブな視点で家族の未来を設計する事業型NPO法人。自ら考えて動く「アクティブ防災」を提唱し、全国で防災講座を展開するほか、女性のキャリアを豊かにする「キャリア事業」などを中心に活動。企画した書籍に『被災ママ812 人が作った子連れ防災手帖』(つながる.com)、協力した書籍に『被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40』(アベナオミ著)など。 https://web-mamaplug.com/
twitter: @active_bousai

■そのとき、どうした?
被災ママパパのリアルすぎる声

冨川さんをはじめとする現NPO法人ママプラグのメンバーは、東日本大震災のあと、どうにかして被災地の母子の力になれないかと考え、前身となる「つながる.com」というプロジェクトを始動。被災地のママや子どもを対象に帆布に色付けするワークショップを開催。それをトートバッグに仕上げて販売し、利益を支援物資に変えて配布していました。

楽しく備える子連れ防災! 超カンタンな非常食・防災グッズの準備術【リアル体験談に学ぶ子連れ防災 Vol.1】

イラスト:アベナオミ


「震災から約半年後に開催した初回のワークショップで、関東にお子さんと避難していたあるお母さんが、“子どもにはずっと大丈夫だといってきたけど、本当はすごく怖かった”と、泣きながら話していたことは今も忘れられません。

その後もたくさんのお母さんに話を聞きましたが、 “大丈夫” なんていう人は誰もいなくて。やっぱり、ああすればよかった、こうすればよかったという後悔の声がとても多かったんですね。

それで具体的にどうすればよいかを聞くと、日頃の備えが身を助けるということを、いろいろな人が口々にいうので、ママ目線の防災を伝えていきたいと思い、本にまとめました」

ママプラグ著『被災ママ812人が作った子連れ防災手帖』、『全災害対応! 子連れ防災BOOK 223人の被災ママパパと作りました』

左:『被災ママ812人が作った子連れ防災手帖』、右:『全災害対応! 子連れ防災BOOK 223人の被災ママパパと作りました』


2012年には『被災ママ812人が作った子連れ防災手帖』を発売して話題に。さらに昨今の台風や大雪、土砂災害の多さに危機感を抱き、全災害に対応する『全災害対応! 子連れ防災BOOK 1223人の被災ママパパと作りました』を今年3月に発売しました。

本に掲載されている体験談は、どれもとてもリアルです。

楽しく備える子連れ防災! 超カンタンな非常食・防災グッズの準備術【リアル体験談に学ぶ子連れ防災 Vol.1】

イラスト:アベナオミ


「家も夫の仕事もすべて失って、避難所を転々とする毎日。未来がまったく描けずにいた。とにかく苦しかった」
(25歳女性・息子2歳/東日本大震災)

「避難所に出向くと、物資は届いていたが、アレルギーのある子どもの食べ物はなかった」
(22歳女性・娘2歳/大雪)

「最初の地震がきたとき、息子は入浴中で、息子はお風呂の水を飲み大パニックに。避難するより前に、子どもを落ち着かせるのが大変だった」
(38歳男性・息子8歳/熊本地震)

「真夜中にベッドから振り落とされ、何が起きたかわからなかった。子どもが自分の部屋で泣き叫んでいたが、ものすごい揺れに、すぐに駆けつけることができなかった」
(31歳女性・娘8歳/北海道胆振東部地震)

親子の年齢が書いてあるので、自分に近い人の体験談を見ると、「自分だったら、こんなときどうするだろう?」と自分事として考えさせられます。

■カンパンや缶詰だけじゃない!
子どもの「好物」を非常食に取り入れよう

楽しく備える子連れ防災! 超カンタンな非常食・防災グッズの準備術【リアル体験談に学ぶ子連れ防災 Vol.1】

イラスト:アベナオミ


防災というと「非常用持ち出し袋」の準備から、と思うママもいると思いますが、小さな子どもがいる家庭は、まずは自宅避難が基本だそう。

「多くの災害では、電気・水道・ガスのライフラインが止まるので、どうやってなるべく苦労しなくて過ごせるかを考えるとよいと思います」

備えるべきは暮らしの衣食住。なかでも食べ物は家族の健康に直結します。

楽しく備える子連れ防災! 超カンタンな非常食・防災グッズの準備術【リアル体験談に学ぶ子連れ防災 Vol.1】

イラスト:アベナオミ


「非常食というと缶詰やレトルトをイメージしがちですが、実際の体験からすると3日間くらいは家にあるものを食べて過ごすことが多いので、冷蔵庫の中身が結構大切ですね。生鮮食品があれば、それは立派な非常食。野菜などは一気にカットして、カセットコンロでカレーや雑炊を作っておけば、数日はもちます。また、切り干し大根やわかめなどの乾物やジャガイモやニンジンといった根菜類など、日持ちがする食材も非常食といえますね。

まずはそういうものを切らさないように心がけるだけでも大きな第一歩。防災講座でこの話をすると、すでに結構できていることがあるとわかって、肩の荷が下りたといってくださるお母さんも多いです」

ママとしては子どもの好きな食べ物や苦手な食べ物を意識しておくことも大事だといいます。

楽しく備える子連れ防災! 超カンタンな非常食・防災グッズの準備術【リアル体験談に学ぶ子連れ防災 Vol.1】

イラスト:アベナオミ


「ある被災ママに“うちの子、カンパン食べなかったよ”っていわれて、ハッとしたんです。そういえば、私も我が子にカンパンを味見させたことはありませんでした。その子はおじいちゃんがよく飲むゼリー飲料が好きで、家にたくさんあったのでそれが非常食がわりになったそうですが、非常食=カンパンじゃなくていいというのは、目からウロコでした。

“何をそろえないといけないんだろう”じゃなくて、“何がなくならないほういいんだろう”と考えてみるとよいと思いますよ。子どもがパスタ好きなら、パスタを食べたら買い物で補充することをルーティンにするなど、無理せずできることから始めることをおすすめします」

■防災バッグは
「ママバッグ」「旅行バッグ」を流用

楽しく備える子連れ防災! 超カンタンな非常食・防災グッズの準備術【リアル体験談に学ぶ子連れ防災 Vol.1】

イラスト:アベナオミ


そして余裕のあるときにやっておきたいのが防災バッグの準備。一から用意しようと思うと面倒ですが、赤ちゃんがいるならいつも使っている「ママバッグ」がそのまま非常用持ち出し袋として使えます。また、子連れなら「旅行バッグ」の延長で考えると案外簡単に準備できるといいます。

【赤ちゃんがいる場合】
まずは、ママバッグの中身をチェックし、非常に必要なアイテムを追加しましょう。
▼ママバッグの中身を確認
□おむつポーチ
□授乳用ケープ
□着替えセット
□スタイ、タオル、ガーゼ
□ウエットティッシュ
□ビニール袋
□母子手帳と健康保険証
□ブランケット楽しく備える子連れ防災! 超カンタンな非常食・防災グッズの準備術【リアル体験談に学ぶ子連れ防災 Vol.1】

イラスト:アベナオミ


上記のようないつものセットに、非常用のプラスαでミルクセットを入れる場合は、清潔な状態で哺乳できるように心がけましょう。母乳・ミルク・混合、いずれの場合も、いつも通りの哺乳ができるのが一番です。清潔に哺乳できる備えをしておきましょう。また、着替えや飲み物・離乳食・おむつやウエットティッシュも多めに入れておきたいアイテムです。

【小さなお子さんがいる場合】
旅行バッグには以下のようなものをプラスすれば、非常用持ち出し袋になります。
▼旅行バッグにプラスαするアイテム
□タオル
□ヘッドライト
□クッキーなどの食料
□スリッパ
□敷マット
□水
□携帯用トイレ
□雨具
□ポリ袋
□トランプやおもちゃ
□小さくたためるダウンジャケット
□冷却ジェル
□使い捨てカイロ など
楽しく備える子連れ防災! 超カンタンな非常食・防災グッズの準備術【リアル体験談に学ぶ子連れ防災 Vol.1】

イラスト:アベナオミ


用意した旅行バッグはそのまま、おでかけや旅行に使ってください。そうすれば旅行前の準備の手間が省けますし、中身を見直すいい機会にもなります。旅行やアウトドアは防災とリンクするので、なにか便利そうなものがあれば入れておいて、実際に旅行で使ってみてもいいですね。携帯トイレは渋滞時にも役立ちます。

本にはこのほかにも、大勢の被災ママパパのリアルな体験談やすぐに取り入れられる防災のヒントが満載。「しなきゃいけない」という難しいことではなく、無理せずできることがほとんどなので、肩の力を抜いて気楽に読めるし、取り組めます。

「防災のモチベーションを継続させるには、難しいことをしないことが大事。ちょっと高くてもテンションが上がるおいしいレトルト食品を買うとか、インテリアにもなるかわいいライトを探すとか、食べたいものやほしいものを楽しみながら備えていくとよいと思います」

日常生活で無理なく習慣にできることから始めるのが、防災の第一歩。まずは今日の買い物のときに、子どもが好きな食品を買い足しておくことから始めてみてはいかがですか。

『全災害対応! 子連れ防災BOOK 1223人の被災ママパパと作りました』
NPO法人ママプラグ(祥伝社)1,300円(税別)
楽しく備える子連れ防災! 超カンタンな非常食・防災グッズの準備術【リアル体験談に学ぶ子連れ防災 Vol.1】
「子連れ」に焦点を当て、防災バッグの考え方や必要なグッズはもちろんのこと、防災に強い家族になるために必要な、家族間の連携を図るための方法や遊びながら防災力を身につける方法などを、イラストを交えて楽しく紹介。全災害に対応日本に暮らすすべての子連れ家族に役立ててもらいたい1冊。
オススメ特集
子どもを救う防災 ~本当に必要な防災アイテムと対策~

子どもを救う防災

古屋江美子
古屋江美子の更新通知を受けよう!
確認中
古屋江美子
古屋江美子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
古屋江美子
古屋江美子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
古屋江美子
古屋江美子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
古屋江美子
古屋江美子の更新通知が届きます!
フォロー中
古屋江美子
古屋江美子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.