くらし情報『ボッテガ・ヴェネタな夜。水上パーティーで感じた本当の贅沢【Editor's Dialy】』

2016年6月16日 21:04

ボッテガ・ヴェネタな夜。水上パーティーで感じた本当の贅沢【Editor's Dialy】

ボッテガ・ヴェネタのプライベートディナーにお招き頂きました

(c) FASHION HEADLINE


梅雨の合間に晴れた夜空が広がる6月のある日。ボッテガ・ヴェネタのクリエイティブ・ディレクター、トーマス・マイヤーの就任15周年を記念したプライベートディナーにお招き頂きました。会場となったのは、天王洲にある寺田倉庫の水上施設「Waterline2」。建築家、隈研吾が監修したこの空間は、対岸にビルの灯りが煌めく水辺にあります。まるで東京の街にひらかれた密やかな岬のような雰囲気。木目の甲板の上に白いマストが広がった開放感のある場所です。東京の街にひらかれた密やかな岬のような場所にWaterline2はありますトーマスも来日してのディナーパーティーということで、どこかで乾杯やスピーチの時間があるのかな?なんて思っていたら、最後までそのタイミングはなく…いつのまにか宴ははじまり、心地よい時間が過ぎた後はゆるやかに収束していくというとってもリラックスしたパーティーでした。夜風が入る船上のパーティー会場には、バーカウンターとぽつりぽつりとソファが置かれ、久しぶりに会った人や、初めましての方と思い思いに会話を広げることが出来ます。ゲストたちとの会話を楽しんでいると、次々とワンポーションの料理が届けられます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.