くらし情報『グランド ハイアット東京にゲストシェフが来日! 国産豚と赤ワインが味わえる特別メニューを提供』

2017年3月9日 12:00

グランド ハイアット東京にゲストシェフが来日! 国産豚と赤ワインが味わえる特別メニューを提供

グランド ハイアット東京にてジャスティン・ラングラーをゲストシェフに迎えて特別メニューを提供

グランド ハイアット東京(東京・港区)では、3月17日から31日の期間限定で、ジャスティン・ワングラーをゲストシェフに招いて希少な国産豚のさまざまな部位を余すことなく味わえるメニューを提供する。ジャスティン・ワングラーはカリフォルニア屈指のワイナリー「ケンダル・ジャクソン ワイナリー」の料理長で、今回ステーキハウス「オーク ドア」のゲストシェフとして「ノーズ トゥ テイル(Nose to Tail Dining)」(鼻先から尻尾まで味わいつくす)をテーマに腕をふるう。ランチではライ麦粉にモルトやオートミール、亜麻仁、大豆、ひまわりの種子、黒胡麻などをブレンドした生地を渦巻き状に混ぜ合わせて焼き上げたマーブルブレッドを使ったフォトジェニックでボリューミーのポークロインサンドウィッチ(2,700円)が提供される他、ランチセットメニュー(4,000円)が提供される。また、ディナーでは一品ごとにグラスワインとマリアージュが楽しめるワイン「ペアリングディナー(1万7,500円)」(料理のみは1万2,000円)が提供される。バー アラカルトではクリスピーポークロインサンドウィッチの他、甜茶漬けした豚バラ肉のスライダー(1,200円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.