くらし情報『フラワーアーティスト東信率いるAMKK、「戦争と花」をテーマにした写真展を原宿The Massとの共同企画として開催』

2018年7月5日 12:00

フラワーアーティスト東信率いるAMKK、「戦争と花」をテーマにした写真展を原宿The Massとの共同企画として開催

東京・原宿にあるギャラリーThe Massでは、フラワーアーティストの東信が率いるAMKK(東信、花樹研究所)との企画「戦争と花」を7月20日から8月15日まで開催。

フラワーアーティスト東信率いるAMKK、「戦争と花」をテーマにした写真展を原宿The Massとの共同企画として開催
© Bernie Boston / The Washington Post / Getty Images / Kyodo News
「AMKK」は、フラワーアーティスト・東信による、花と植物を題材とした実験的なクリエイションを展開していく集団。その活動は、花・植物のみが有しているもっとも神秘的な形を見つけ、芸術的レベルに変換し表現する事で、植物の存在価値を高める活動を行う。

本展覧会は「戦争と花」をテーマとし、7~8年ほど前から東信らによって集められた「戦争」と「花」をめぐるイメージを基礎として、国際的な写真家集団であるマグナム・フォト、報道写真の膨大な蓄積を持つ朝日新聞フォトアーカイブ、共同通信イメージズらの協力も得て収集した、戦争を題材とした様々な切り口の写真を展示する。

人は生まれてから死ぬまでの間、祝いの花から励ましの花、弔いの花や祈りの花など、人生の様々な場面で花と寄り添って生きてきた。美しく咲き誇る花の姿に、そして儚く短い花の命に、人は言葉に出来ない感情や願い、慈しみを託して花を捧げる。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.