くらし情報『佐藤可士和×滝沢直己、ヤンマーのかっこ良すぎる農作業着が伊勢丹で販売』

2014年5月26日 18:00

佐藤可士和×滝沢直己、ヤンマーのかっこ良すぎる農作業着が伊勢丹で販売

ヤンマーが新しい農業ウエア「プレミアムアグリカルチュラルウエア」を数量限定販売

「ヤンマー」が4月1日より数量限定販売している新農業ウエア「プレミアムアグリカルチュラルウエア」が、5月28日より伊勢丹新宿店で開催される日本の食と暮らしにフォーカスした催事「チアアップ!ニッポン」内のヤンマーブースで試着販売される。この農業ウエアは、ヤンマーのブランドブロジェクト・クリエーティブディレクターの佐藤可士和監修の元、「イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE)」を経てクリエーティブディレクターとして活躍する滝沢直己がデザインしたもの。今回、試着販売するモデルは、昨年夏に発表したプロトタイプを改良したもの。“かっこいい農業ウエアを作ろう!”という会話からスタートしたこのプロジェクトは、農業の実際の動きや体勢、不便などをヒヤリングすることからスタート。それらは一つひとつデザインに反映されている。少しでも作業に費やされるエネルギーを軽減するため軽量の素材を採用し、農作業への負担を減らす機能性と毎日の仕事が楽しくなるファッション性を持ち合わせた高機能ウエアを目指したという。カラーは大地と日々向き合って仕事をする姿、ヤンマーの次世代農耕機のデザインからイメージしたチタニウムブラウンを採用。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.