くらし情報『書籍『フランスの更紗手帖』 マリー・アントワネットも魅了した仏・染織文化の歴史と魅力に迫る』

2016年7月11日 15:20

書籍『フランスの更紗手帖』 マリー・アントワネットも魅了した仏・染織文化の歴史と魅力に迫る

書籍『フランスの更紗手帖』 マリー・アントワネットも魅了した仏・染織文化の歴史と魅力に迫る


フランスの染織文化を紹介する書籍『フランスの更紗手帖』が2016年7月22日(金)に刊行される。

17世紀後半、フランス・マルセイユにインド更紗が伝来したことで、フランスの染織文化は一変したと言われている。そののち、フランスらしいオリジナルデザインの更紗が多く作られるようになった。本書ではその歴史や魅力的なプリント生地の数々などが紹介される。

見どころは、フランス最大の染織資料を所蔵する「ミュルーズ染織美術館」と、2016年6月から7月まで渋谷・Bunkamuraで開催の展覧会に全面協力した「トワル・ド・ジュイ美術館」、南仏更紗の歴史を伝える「ソレイアード南仏テキスタイル美術館」を取材した多数の貴重な資料たち。

中身はもちろんフルカラー。マリー・アントワネットを始めとする宮廷貴族たちの心をつかんだ美しいテキスタイルの世界が広がる。現在につながるフランスの服飾文化を紐解くヒントにもなりそうだ。

【詳細】
『フランスの更紗手帖』
発売日:2016年7月22日(金)
価格:2,300円+税
仕様::A5判正寸(210×148mm)/ソフトカバー/224ページ(フルカラー)
発売元:パイ インターナショナル

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.