くらし情報『日比谷ミッドタウンに全国の旬の食材使うレストラン「ドローイング ハウス・オブ・ヒビヤ」誕生』

日比谷ミッドタウンに全国の旬の食材使うレストラン「ドローイング ハウス・オブ・ヒビヤ」誕生

2018年2月19日 14:45
 

関連リンク

・「TOKYOウォーク2018」開催
・資生堂パーラーがラゾーナ川崎にオープン! 人気のパフェを始め、店舗オリジナルや季節限定メニューも
・体験型エキシビション!『#カンパイ展』開催!
日比谷ミッドタウンに全国の旬の食材使うレストラン「ドローイング ハウス・オブ・ヒビヤ」誕生

レストラン&ティールーム「ドローイング ハウス・オブ・ヒビヤ(DRAWING HOUSE OF HIBIYA)」が、東京ミッドタウン日比谷に2018年3月29日(木)よりオープン。

新商業施設「東京ミッドタウン日比谷」のオープンと同日に営業を開始する「ドローイング ハウス・オブ・ヒビヤ」は、"ニッポンのテロワール"を体感するレストランだ。

テロワールとは気候や土地、作物などにその土地特有の性質を与える生育環境のこと。春夏秋冬、日本にしかない四季を通して、季節ごとに2つの土地で採れる安全で旬の食材を使用した料理を提供する。

オープニングは、瀬戸内海淡路と信州のテロワール。ランチメニューは、10種以上の野菜が入ったブイヨンスープか新鮮なサラダを前菜に、メインを4種から選ぶことができる。淡路産牛肉のボロネーゼソースの生フェットチーネや、香ばしい胡麻をまぶした信州サーモンのオーブン焼き、信州米豚肩ロースのロティなどランチとは思えぬ充実したラインナップとなっている。

一方ディナーは、信州キノコのエシャロットマリネなどの冷たい前菜から信州筍の炭火焼きとフォアグラのポワレ、メインディッシュである淡路産鰆のポワレと日替わり鮮魚を使った一皿まで"テロワール食材"をフルコースで楽しめるメニュー展開だ。

皇居外苑や日比谷公園からの緑を取り込み、思わず都心にいることを忘れてしまうようなガーデンレストランで、日本各地の風土の味を感じてみてはいかが。

【詳細】
レストラン&ティールーム「ドローイング ハウス・オブ・ヒビヤ」
オープン日:2018年3月29日(木) 11:00~
場所:東京ミッドタウン日比谷6階
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2
営業時間:11:00~23:00 ランチ 11:00~14:30(L.O.)/ティータイム 14:30~17:30/ディナー 17:30~22:00(L.O.)
定休日:施設に準ずる
席数:149席(店内113席/テラス36席)予定
TEL:03-3519-3700

メニュー例:
ランチメニュー
・DRAWING LUNCH(スープもしくはサラダ付き) 2,200円
・パレットサラダランチ(パン付き) 1,400円
・炭火焼きローストビーフのDRAWINGサンド 1,880円
■ディナーメニュー
・冷たい前菜:信州のキノコのエシャロットマリネ 800円/淡路の島菜園フルティカトマトと凝縮したエシャロット カリフォルニア産オーガニックブラータチーズ 2,200円
・温かい一皿:五斗長玉ねぎのオニオンリング 900円/鴨肉と焼きネギのクリームソース蕎麦粉のタリアテッレ 1,880円/信州筍の炭火焼きとフォアグラのポワレ トリュフソース 2,800円
・メインディッシュ:淡路産鰆のポワレ 浅利と木の芽のソース 山菜のベニエ 2,800円/本日の鮮魚を使った一皿 2,800円~

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.