くらし情報『スヌーピーミュージアム最後の展覧会「ともだちは、みんな、ここにいる。」最古のピーナッツ原画が再び』

スヌーピーミュージアム最後の展覧会「ともだちは、みんな、ここにいる。」最古のピーナッツ原画が再び

2018年2月19日 21:25
 

スヌーピーミュージアム最後の展覧会「ともだちは、みんな、ここにいる。」最古のピーナッツ原画が再び

東京・六本木のスヌーピーミュージアム最後の展覧会「FRIENDSHIP IN PEANUTS ともだちは、みんな、ここにいる。」が、2018年4月21日(土)から9月24日(月・祝)まで開催される。

「ピーナッツ」の歴史を振り返る最後の展覧会
2016年4月に開館、約95万人の来場者を動員したスヌーピーミュージアムも、2018年9月に予定の期間を終え、いよいよ閉館を迎える。

フィナーレを飾る最後の展覧会は、「ともだちは、みんな、ここにいる。」をテーマに、約50年間に渡って描かれ続けたピーナッツの歴史そのものでもある、ピーナッツ・ギャングが織りなす様々な関係性にフィーチャー。友情にまつわるエピソードをメインに、最終回のために厳選された約80点の原画でその歴史を振り返る。

シュルツ美術館の“宝”、最古の原画が再び
また、シュルツ美術館の“宝”ともいわれる、同館が所蔵する最古の「ピーナッツ」原画が再び来日。1950年10月2日に連載が始まって約2ヶ月後に描かれたスヌーピーとチャーリー・ブラウンのエピソードで、2013年開催の「スヌーピー展」以来2度目の来日となる。

展覧会の見どころを順路に沿って紹介レンガ壁のフォトスポット
エントランスホールで迎えてくれるのは、最終回のために特別に用意されたスヌーピーたちと一緒に写真が撮れるレンガ壁のフォトスポットだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.