くらし情報『千利休の茶室がテーマのカプセルホテル「ホテル・ゼン・トーキョー」日本橋人形町にオープン』

2018年11月8日 11:25

千利休の茶室がテーマのカプセルホテル「ホテル・ゼン・トーキョー」日本橋人形町にオープン

千利休の茶室がテーマのカプセルホテル「ホテル・ゼン・トーキョー」日本橋人形町にオープン

「禅」をテーマにしたカプセルホテル「ホテル・ゼン・トーキョー(hotel zen tokyo)」が、2019年4月上旬に東京・日本橋人形町にオープンする。

“泊まれる茶室”をコンセプトに、各部屋を千利休の茶室に見立てた「ホテル・ゼン・トーキョー」。各カプセルは、千利休が16世紀後半に生み出した茶室の傑作である「妙喜庵(待庵)」を21世紀的に再解釈してデザインした和モダンな空間が特長だ。

客室タイプは全部で5種類で、部屋の種類によって異なるベッドサイズ(シングルまたはセミダブル)、面積、デザインを採用。うち3種類は茶室カプセル型で、残りの2種類はより広々とした空間に、コンクリートと木の素材をフル活用したコーナールーム。全室に共通して天井までの高さを2.2mに設定することで、カプセルホテル特有の閉塞感や窮屈さを軽減している。

また、ゲストが館内で羽織るルームウェアは、ソマルタ(SOMARTA)のデザイナー、廣川玉枝がデザイン。着物にインスパイアされたシルエットと、自然を思わせる鮮やかな色彩が魅力だ。

約300㎡の広々とした共用スペースには、仕事や出張時に便利なワークラウンジやランドリールームに加え、ソムリエが厳選した日本酒・日本産のリキュールを用いたカクテルが楽しめるバー・ラウンジを設置。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.