くらし情報『東京ドームシティのお化け屋敷「怨霊屋敷」夏の特別演出、夜は恐怖度倍増に』

2019年4月26日 16:50

東京ドームシティのお化け屋敷「怨霊屋敷」夏の特別演出、夜は恐怖度倍増に

東京ドームシティのお化け屋敷「怨霊屋敷」夏の特別演出、夜は恐怖度倍増に

東京ドームシティ アトラクションズ ラクーアゾーンのお化け屋敷「怨霊屋敷」の夏の特別演出『怨み針の女』が、2019年7月13日(土)から9月23日(月・祝)まで開催される。

2018年4月のオープン以後、これまで約18万人の来場者に恐怖を届けてきたお化け屋敷「怨霊屋敷」が、期間限定で夏の暑さを吹き飛ばす特別な恐怖演出となる。今回は、床下に埋められた夜雨子(ようこ)がさらに強い怨念をもった『怨み針の女』として登場。来場者には、「夜雨子が枕の下に隠した写真を探し出す」というミッションが与えられる。

なお、16時まではノーマルver.(昼の部)、17時以降は恐怖度がアップするハードver.(夜の部)で展開する。

【ストーリー】 
その家には、かつて夜雨子という女性が暮らしていました。しかし、夫とその浮気相手の謀みによって、病に倒れてしまいます。二人の悪行は止まることがなく、寝ている夜雨子の前で、彼女の顔写真に針を刺します。
夜雨子が、写真から針を抜いて枕の下にしまっても、翌日には同じことを繰り返します。彼女は疲弊し、とうとう亡くなってしまいました。二人は死体を床下に埋めて、家を出て行きました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.