くらし情報『ミュージカル映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スティーヴン・スピルバーグ監督・製作でリメイク』

2019年6月21日 14:15

ミュージカル映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スティーヴン・スピルバーグ監督・製作でリメイク

ミュージカル映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スティーヴン・スピルバーグ監督・製作でリメイク

スティーヴン・スピルバーグ監督・製作、映画『ウエスト・サイド・ストーリー(原題)』が、アンセル・エルゴート主演で2020年12月に日本公開。

『ウエスト・サイド・ストーリー』とは
「ウエスト・サイド物語」は、1957年に誕生したオリジナル・ブロードウェイ・ミュージカル。1957年のニューヨークを舞台に、ジェットとシャークの敵対する2つの少年非行グループの闘争の中、若い男女が許されざる恋に落ちる様を描いた作品だ。

1961年には「ウエスト・サイド物語」として映画化され、第34回アカデミー賞で作品賞を含む10部門を受賞した。そして、今日までミュージカル映画の名作として、時を越えた人気作品として語り継がれている。

主演に『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴート
そんな名作を、スティーヴン・スピルバーグ監督・製作で再びスクリーンへと蘇らせる今回。主演・トニー役には、『ベイビー・ドライバー』で一躍注目を浴びた若手実力派俳優アンセル・エルゴートを迎える。

また、トニーと恋に落ちるマリア役は、新人17歳のレイチェル・ゼグラー。レイチェルは、SNSで人気アーティストのカバー曲などを披露し、そのパワフルな歌声で注目を集め、公開オーディションでは30,000人の中から大抜擢された現役高校生だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.