くらし情報『「ちびまる子ちゃん展」松屋銀座で開催 - さくらももこの直筆脚本やセル画、絵コンテなど350点』

2019年7月4日 17:00

「ちびまる子ちゃん展」松屋銀座で開催 - さくらももこの直筆脚本やセル画、絵コンテなど350点

「ちびまる子ちゃん展」松屋銀座で開催 - さくらももこの直筆脚本やセル画、絵コンテなど350点

展覧会「アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展」が、松屋銀座にて開催される。期間は、2019年8月8日(木)から8月26日(月)まで。

1986年に少女マンガ雑誌『りぼん』(集英社)で連載を開始、1990年スタートのアニメ放送は2020年に30周年を迎える「ちびまる子ちゃん」。明るくユーモアがある“まるちゃん”と仲間たちの日常を描く、長年お茶の間に笑顔を届ける日曜夕方に欠かせない国民的アニメだ。

「アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展」では、放送当初からのセル画、スケッチ画、絵コンテ、映像など約350点を展示し、アニメ制作の裏側を紐解いていく。また、2018年8月に亡くなった原作者さくらももこの直筆脚本やキャラクター設定資料、プライベート作品なども登場。作者のアニメへの想いや日々の暮らしにも迫った、大変貴重な展覧会となっている。

なお、会場には限定グッズも用意。まるちゃんがお馴染みの赤いスカートやネズミの衣装などを纏ったピンズ、トートバッグ、“コジコジ”も一緒にデザインされたポーチなどがラインナップする予定だ。

【詳細】
「アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.