くらし情報『有楽町プラネタリア TOKYOで朗読型生解説プラネタリウム「“きみと見た星の物語” 春のポラリス」』

2020年2月16日 18:15

有楽町プラネタリア TOKYOで朗読型生解説プラネタリウム「“きみと見た星の物語” 春のポラリス」

有楽町プラネタリア TOKYOで朗読型生解説プラネタリウム「“きみと見た星の物語” 春のポラリス」

東京・有楽町マリオンの「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」では、朗読型の生解説プラネタリウム「“きみと見た星の物語” 春のポラリス」の上演をスタートする。2020年3月7日(土)より開催予定だったが、当面の間臨時休館のためスタート延期。

“朗読型”の新感覚ライブプラネタリウム
「“きみと見た星の物語”」は、解説員が季節の星々や星座にまつわる神話などを生解説する一般的なプラネタリウムに、“朗読”の要素を取り入れた新感覚のライブ・プラネタリウム作品だ。

春の星座の見つけ方や神話を紹介
2019年12月に上演がスタートした「“きみと見た星の物語” 冬のダイヤモンド」に続く第2弾プログラムとなる今回は、タイトルにもある「ポラリス(北極星)」を有する「こぐま座」のほか、「おおぐま座」「しし座」「おとめ座」など、春の夜空に輝く星々に着目。出逢いと旅立ちの季節である春ならではのストーリーを交えながら、春の星座の見つけ方や星座にまつわる神話を解説してくれる。

毎公演、異なる若手俳優2人が出演
毎公演で異なる若手俳優が2人生出演するため、その日その場でしか生まれない、ライブならではの掛け合いも本プログラムの見どころの一つ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.