くらし情報『「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」二条城で、金魚が舞う超大型“動く屏風絵”など』

2020年9月7日 11:25

「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」二条城で、金魚が舞う超大型“動く屏風絵”など

「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」二条城で、金魚が舞う超大型“動く屏風絵”など

「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」が、京都・元離宮二条城で開催される。期間は2020年10月14日(水)から12月7日(月)まで。

「アートアクアリウム」とは
アートアクアリウムアーティストの木村英智が手掛ける「アートアクアリウム」とは、金魚などが美しく舞い泳ぐ姿を展示する水族アートの展覧会。誕生から14年目を迎える2020年の8月には、東京・日本橋に初の常設「アートアクアリウム美術館」も開館した。

京都・二条城で屋外展示
「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」は、そんな「アートアクアリウム」の中でも、唯一屋外展示を行う展覧会。京都の伝統をモチーフにした“和の世界”を彷彿とさせる作品の中で、金魚や鯉が優雅に舞い泳ぐ。作品は幻想的な照明、音楽、プロジェクションマッピング、香などの演出が加えられており、五感で楽しむことができる。

見どころ
見どころは、大政奉還の舞台となった、国宝「二の丸御殿」や、重要文化財・狩野派の障壁画の歴史的意義を感じることができる超大型作品「大政奉還金魚大屏風」。日本の美術史の移り変わりを表現したプロジェクションマッピング“動く屏風絵”を、幅約5.4mにも及ぶ18連の屏風型のアクアリウム“ビョウブリウム”に投映する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.