くらし情報『高校時代に荒れていた武尊 心を変えた恩師のひと言に「いい先生だ」「こんな熱血な人に会いたかった」』

2021年8月26日 17:38

高校時代に荒れていた武尊 心を変えた恩師のひと言に「いい先生だ」「こんな熱血な人に会いたかった」

高校時代に荒れていた武尊 心を変えた恩師のひと言に「いい先生だ」「こんな熱血な人に会いたかった」

格闘技系イベント『K-1』で、スーパー・フェザー級王者の武尊(たける)さん。

2021年8月24日放送のバラエティ番組『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)に出演し、学生時代、アスリートを目指す気持ちが強まったきっかけを振り返りました。

武尊を変えた先生のひと言は?

小学生の頃の武尊さんは、運動が得意で、身体を動かして遊んでいたといいます。

武尊さんが小学2年生の時、スポーツを指導していた先生から「いい根性してるな。伸びるぞ」といわれていました。

当時から、スポーツの才能があったのでしょう。

運動神経に優れていた武尊さんでしたが、中学に入ると、スポーツよりも、女性との交際に夢中になりました。好奇心おう盛だったのかもしれませんね。

高校に入ると、授業をサボったり、登校しなかったりと、素行不良になってしまいます。

高校を退学し、街中をぶらついていた武尊さん。ある日、小学校時代から武尊さんの才能を感じていた先生と再会しました。

武尊さんは、先生からいわれたひと言で、真剣に競技と向き合おうと決意したといいます。

お前がやりたいことってなんなんだよ。

やりたいんだったら、また練習来いよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.